自宅でヘアカラー|使い方でサロンのような仕上がりに。

自宅でヘアカラーのススメ

サロンみたいな仕上がりに 自宅でヘアカラーのコツ


はじめての自宅でカラー

gf2160330695

自宅でヘアカラーを初めて挑戦される方はうまく染められるか心配があるかもしれません。
最近はドラックストアやインターネットでもいろいろな種類の自宅ヘアカラー剤が販売されておりますので、初めてでも上手に染めることが出来ます。
その中でも、初めてでも簡単でお勧めなのは泡タイプのヘアカラーです。

泡タイプは液だれせずにまた泡を髪に揉み込むような感じで簡単に染める液を髪になじませることが出来ます。
そのためムラがなくきれいに染めることが出来ます。
また泡タイプは余った液を残しておくことが出来るのも魅力の一つです。

またサロンですと色をプロの美容師さんがアドバイスをしてくれますが、自宅で染める場合は色選びを自分でやることとなります。

色選びのポイントは、思っているよりも一つ暗めの色を選ぶことです。
自宅カラーは早くに色が抜ける傾向にありますので1つ色を暗めにしておくと色抜けもあまり気にならないでしょう。

チャレンジ自宅でカラーリング

実際に自宅カラーリング材を使って染めてみましょう。

まずは髪を分けていきます。
この作業が染まり具合に大きかかわります。
ちょっと面倒かもしれないですがここは丁寧に分けておきましょう。
分け方は左右に分けていきます。
また左右を3ブロックに分けて前方・中・後方に分けていきます。
一番根本のところから揉みこむようにカラーリング剤をつけていきます。
うなじ→前方→トップの順に丁寧に揉みこんでいきます。
この時少しずつ丁寧に揉みこんでいきましょう。

すべて塗り終わりましたら頭をサランラップで巻いて行きましょう。
これをすることにより熱を均一にしていき空気と遮断しておきますので仕上がりに差が出てきます。

これもサロンでも使われているテクニックの一つです。
記載されている時間が経過しましたらシャワーで洗い流していきましょう。
これでサロンのような仕上がりにカラーリングが完成です。

カラーリングの後気を付ける事

それではカラーリング後のシャンプーはどうでしょうか。
よくカラーリングをした日はシャンプーをしないほうが良いと聞きますが実際にはどうなのでしょう。

カラーリングが定着するには大体1日から2日かかるといわれております。
ですのでなるべくカラーリングをした日のシャンプーは避けるのが良いでしょう。

また熱いお湯でのシャンプーはNGです。
せっかくカラーリングをした色が抜けてしまう原因となってしまいます。
シャンプーはぬるま湯でやさしくすることが基本です。
またアミノ酸系のシャンプーは頭皮へのダメージも少ないのでお勧めです。

シャンプー後はドライヤーで良く乾かしましょう。
濡れたままの髪は痛む原因となりまたカラーの持ちも悪くなってしまいます。
シャンプー後は乾かすように心がけましょう。

最後に。ヘアカラーで髪が傷んでしまったなどの経験がある方はオーガニック系のヘアカラーやまた白髪染めは髪へのダメージが少ないです。
ただ髪への痛みが少ない分色抜けが早いといったデメリットもございます。
色々な種類のヘアカラー剤がありますので自分に合ったカラー剤を探してみるとよいでしょう。

花王KAOのLirse リーゼ「泡カラー」


h-134

1. 使用した 市販カラー剤名を教えてください

花王KAOのLirse リーゼ「泡カラー」

2. このカラー剤に決めた理由を教えてください

もう何年もこちらのカラー剤を使っています。

色のバリエーションもたくさんありますし泡でワシャワシャとシャンプーするように液をつけるので、ムラになったり失敗しにくいので愛用しています。

根本につかないようにとか気にしなくていいので、とにかく簡単です。

髪も長めですが一箱で十分足りますし、ドラッグストアやスーパーでもsaleをしていることも多いので、かなりリーズナブルに手軽に毛染めができるのでお気に入りです。

3. 実際に使用してみた 体験談た口コミ を教えてください

いつもこのカラー剤を使っているのですが、なんと言っても簡単の一言です。

中に説明書が入っているのでそのとうり実施していただければいいのですが、まずパッチテストを早めにすることをおすすめします。

私はもう何度も使っているので飛ばしてしまうこともあるのですが、やはり肌に合う合わないがあるのでまずテストはしっかりしていただいたほうがいいと思います。

そして、1剤と2剤を混ぜ合わせます。

これも付属の大きなボトルに小さなボトルに入っている液を入れてフリフリと何度が上下にふるだけでオッケーなので簡単です。

そして、髪をしっかりとかします。

泡でワシャワシャと染めていくので、しっかり髪をサラサラにしておくことでムラの無い染め上がりを期待できます。

私はいつも肩に大きめのゴミ袋をかけてインナーのみ着用で毛染めをします。

泡を手袋をした手にたっぷり出して根本、髪の分け目からギュッギュと乗せていきます。

このカラー剤のいいところは、髪の生え際につかないようにとか気にしなくていいところです。

もう直接地肌にガンガンつけてしまっても大丈夫なのでしっかり根本まで染まります。

その時前もってクリップなどで髪を小分けにしておいたほうが染めやすいかもしれません。

私はしていないですが…。

そのまま泡を出して根本につけるということを繰り返し、毛先まで伸ばしていきます。

私の髪の長さはちょうど脇くらいまで長さで、髪の量も割と多いほうだと思うのですが、量は十分足ります。

足らないということはなかったので、それくらいの髪の長さの人はケチらずにしっかり根本につけることをおすすめします。

その後はしっかりワシャワシャとシャンプーをするかのように髪全体に揉み込みます。

手ぐしでしっかりとかした後、すべての髪を頭のてっぺんに持ってきます。

それで、待つこと30分。

こちらの商品にはシャンプー後のトリートメントもついているので自分が使っているシャンプーの後にトリートメントをして、自分のコンディショナーで仕上げます。

私は3回くらいシャンプーします。

結構色落ちするので。

その後二日くらいはシャンプーの時に色が落ちてくる気がします。

なので、染めたては思ったよりも色が暗めに感じて、あれちょっと思っていた色と違うなと思うかもしれないですが、3日くらいで落ち着きます。

その後は色落ちすることもほぼなく希望も色が長持ちします。

このカラー剤にしてからセルフカラーだと気づかれることはほぼありません。

私もそれ程器用な方ではありませんが、失敗がなくきれいに出来るので助かっています。

ほんとにカットのついでという時以外はこちらの商品を使っています。

ウエラトーン ツープラスワン クリームヘアカラー 9G


h-133

1. 使用した 市販カラー剤名を教えてください

ウエラトーン ツープラスワン クリームヘアカラー 9G(かなり明るいウォームブラウン)

2. このカラー剤に決めた理由を教えてください

ヘアカラーはヘアサロン派でしたが、節約になればと思い試しに購入してみました。

某コスメ口コミサイトで、NO1を獲得している人気の商品です。

普通のヘアカラーよりも髪が痛みにくそうだったので、白髪染めですがあえて購入しました。

(ちなみに白髪はありません。)

ドラッグストアに並ぶヘアカラーの中では高めの価格設定ですが、そこが品質の良さの表れな気がします。

また、ヘアケア商品では有名なウエラの商品だったのも購入の決め手でした。

3. 実際に使用してみた 体験談た口コミ を教えてください

選んだカラーは一番明るいお色の9G(かなり明るいウォームブラウン)というカラーです。

箱のうしろのカラーチャートで言うと、色味的にはアッシュ系とブラウン系の丁度間くらいで、赤味はあまりないような記載になっています。

クリームタイプのヘアカラーで、1剤と2剤を混ぜて使うタイプです。

さらには輝きエッセンスというオイルトリートメントがついていて、クリームに混ぜて使うようになっていました。

ショートボブの髪に使いましたが、ひと箱で余るくらいで、クリームの量的には申し分なかったです。

付属の手袋や櫛もついていて、クリームタイプでもさほど苦労することなく頭全体に塗布することが出来ました。

ちなみにどちらかというと不器用なタイプです。

全体に塗布した後は30分くらい置いて洗い流します。

流しても流しても茶色い汁が出続けるので焦りましたが、2回のシャンプーで色落ちはだいたい収まりました。

その後は手持ちのトリートメントで仕上げて、髪を乾かしたら完成です。

実際の仕上がりはムラなくきれいに染まっていて、白髪染めとは思えない色味の明るさに驚きました。

明るいと言っても、地毛よりもワントーン、ツートーンくらい明るいくらいの丁度良い色味です。

思ったよりも赤味があるかなとは思いましたが許容の範囲内です。

そして、髪の艶がアップしていたことに驚きました。

染める前よりも、キレイでハリのある髪に見えます。

そして、セルフカラーにありがちな軋んだ感じがしません。

まずは口コミ通りの仕上がりに大満足でした。

ホームカラーを久々にしましたが、これだけ手軽にキレイに仕上がるなら、自分でするのが正解だなと思いました。

今は安くておしゃれなヘアサロンも沢山ありますが、セルフカラーのコストパフォーマンスに勝るものはありません。

ただ難点を一つ言うなら、タオルが汚れるという点です。

しっかりと洗い流したつもりでしたが、髪の毛を拭いたタオルは茶色く染まっていました。

その後の色持ちについてですが、6週間くらい続く、というようなテレビCMを見かけたことがあり1ヶ月以上は持つのだろうと期待していました。

確かに、1ヶ月くらい持つには持ちましたが、色味が抜けていっている感は否めませんでした。

白髪染めでも、いったんブリーチしてから色を入れているので、髪がどんどん明るくなっていきます。

白髪染めとして使っていないので、それでも全然OKだったのですが、白髪染めとして使っていたなら厳しかったかなという印象でした。

コスメ・ニストの「ひたか白髪かくし」(ブラック)


h-130

1. 使用した 市販カラー剤名を教えてください

コスメ・ニストの「ひたか白髪かくし」(ブラック)

2. このカラー剤に決めた理由を教えてください

テレビのコマーシャルで、私と同じぐらいの年齢の女性が、こんぶエキスを配合した白髪隠しは自然な仕上がりになってすごくいいと話しているのを見てコンブエキスのヘアカラーを探していましたそんな時コンビニで見つけたのがこの日高白髪かくしでした私の場合そこまで白髪が髪全体にまだ広がっていないのでポイントだけ染めてくれるヘアカラーがいいと思ったのもこのヘアカラー剤に決めた理由の一つですまたお値段も800円ぐらいとすごく安いのもいいと思いました。

3. 実際に使用してみた 体験談た口コミ を教えてください

私は、この「ひだか白髪かくし」を使って、髪の生え際にある白髪を染めてみました。

私は、このヘアカラー剤を使い始めて、もう7ヶ月になります。

このヘアカラーは、ポイントヘアカラーなので、ハケを使って、気になる白髪の部分につけていくだけです。

買う前は、すごく簡単なのがいいと思っていました。

商品の先の部分がハケになっているので、部分染めには、染めやすいと思いました。

しかし、実際に使ってみると、意外と、染まる部分と染まらない部分がまだらにできるなど、不満がいっぱいありました。

この「ひだか白髪かくし」は、商品の底の部分を押すと、墨汁のように、ヘアカラー剤がハケの部分に浸透していく仕組みになっています。

ワンプッシュや2プッシュくらいでは、なかなか、ヘアカラー剤がハケの先の部分まで、浸透せず、力いっぱい押すようになります。

長く押しすぎると、今度は、ヘアカラー剤がたっぷり出過ぎてしまい、ハケ以外の部分にも、じわーっと出てしまうので、髪を染める時、服や手が汚れてしまうというデメリットがありました。

「意外と手軽ではないかった」というのが私の正直な感想です。

ヘアカラー剤を出す時の力の加減が難しいということがわかった私は、絶妙な力加減で、プッシュするように心がけています。

しかし、それがどうもうまくいかなくて、ヘアカラー剤が出なさすぎたり、また、出過ぎてしまったりすることが多くあります。

そこで、私は、実際に、髪にこの商品をつける前に、お試しで、お皿や器の上に、ヘアカラー剤を出しています。

そして、それをハケにつけ、その後、髪につけるようにしています。

しかし、この方法でも、やはり、ヘアカラー剤が髪以外の場所についてしまいます。

特に、髪の生え際を染めている時、おでこや顔などに、ヘアカラー剤の液がたらーっと垂れてしまうことが多く、髪を染めた後は、顔も洗顔する必要があります。

また、肩や首に液が垂れることもしばしばなので、必ず、クロスや、タオルのようなものを首や肩にかけてから、髪を染めるようになりました。

「お手軽」と思って、購入したのに、実際は、「全然、お手軽じゃないなあ。液がいっぱい垂れて困るなあ」というのが、このヘアカラー剤を使用した私の正直な感想です。

もう一つ、不満なのは、ヘアカラー剤が髪全体にうまく散布できないということです。

髪の前の部分、前髪や、横の髪は、何とかつけることができますが、後頭部や髪の後ろの部分を染める時は、手がうまく届かないため、ヘアカラー剤で染めるのがすごく難しいです。

ですので、後ろの部分は、鏡を使って、染めるのですが、それでも、染めむらや、染まっていない部分があるのが現状です。