自宅でヘアカラー|使い方でサロンのような仕上がりに。

自宅でヘアカラーのススメ

サロンみたいな仕上がりに 自宅でヘアカラーのコツ


はじめての自宅でカラー

gf2160330695
自宅でヘアカラーを初めて挑戦される方はうまく染められるか心配があるかもしれません。
最近はドラックストアやインターネットでもいろいろな種類の自宅ヘアカラー剤が販売されておりますので、初めてでも上手に染めることが出来ます。
その中でも、初めてでも簡単でお勧めなのは泡タイプのヘアカラーです。

泡タイプは液だれせずにまた泡を髪に揉み込むような感じで簡単に染める液を髪になじませることが出来ます。
そのためムラがなくきれいに染めることが出来ます。
また泡タイプは余った液を残しておくことが出来るのも魅力の一つです。

またサロンですと色をプロの美容師さんがアドバイスをしてくれますが、自宅で染める場合は色選びを自分でやることとなります。

色選びのポイントは、思っているよりも一つ暗めの色を選ぶことです。
自宅カラーは早くに色が抜ける傾向にありますので1つ色を暗めにしておくと色抜けもあまり気にならないでしょう。

チャレンジ自宅でカラーリング

実際に自宅カラーリング材を使って染めてみましょう。

まずは髪を分けていきます。
この作業が染まり具合に大きかかわります。
ちょっと面倒かもしれないですがここは丁寧に分けておきましょう。
分け方は左右に分けていきます。
また左右を3ブロックに分けて前方・中・後方に分けていきます。
一番根本のところから揉みこむようにカラーリング剤をつけていきます。
うなじ→前方→トップの順に丁寧に揉みこんでいきます。
この時少しずつ丁寧に揉みこんでいきましょう。

すべて塗り終わりましたら頭をサランラップで巻いて行きましょう。
これをすることにより熱を均一にしていき空気と遮断しておきますので仕上がりに差が出てきます。

これもサロンでも使われているテクニックの一つです。
記載されている時間が経過しましたらシャワーで洗い流していきましょう。
これでサロンのような仕上がりにカラーリングが完成です。

カラーリングの後気を付ける事

それではカラーリング後のシャンプーはどうでしょうか。
よくカラーリングをした日はシャンプーをしないほうが良いと聞きますが実際にはどうなのでしょう。

カラーリングが定着するには大体1日から2日かかるといわれております。
ですのでなるべくカラーリングをした日のシャンプーは避けるのが良いでしょう。

また熱いお湯でのシャンプーはNGです。
せっかくカラーリングをした色が抜けてしまう原因となってしまいます。
シャンプーはぬるま湯でやさしくすることが基本です。
またアミノ酸系のシャンプーは頭皮へのダメージも少ないのでお勧めです。

シャンプー後はドライヤーで良く乾かしましょう。
濡れたままの髪は痛む原因となりまたカラーの持ちも悪くなってしまいます。
シャンプー後は乾かすように心がけましょう。

最後に。ヘアカラーで髪が傷んでしまったなどの経験がある方はオーガニック系のヘアカラーやまた白髪染めは髪へのダメージが少ないです。
ただ髪への痛みが少ない分色抜けが早いといったデメリットもございます。
色々な種類のヘアカラー剤がありますので自分に合ったカラー剤を探してみるとよいでしょう。

花王のブローネこだわり設計ワンプッシュカラーを使っている理由


thumbnail_1549360989264

花王のブローネこだわり設計ワンプッシュカラー

近所のドラッグストアでよく安売りをしておりそのときにまとめて買っています。

ワンプッシュで白い薬剤と黄色い薬剤がいっぺんに出てきますので楽に使えるところが気に入っています。
色もきれいに染まると思っています。
一度買うとそのシリーズで買うことが多いのでいつも使っています。
ただ気分によって明るめであったり暗めであったりと色は変えるようにしています。

花王がだしているということでブランド的にも信頼があると思っています。

以前1液、2駅をプラスチックの箱に入れてそこに出し専用の刷毛でかき混ぜ、手袋をした後で塗ると言うのをつかっていました。
(かなりドラッグストアで安くで売っています)

そういった商品は安いので買いやすいですが染めた後にごみがいっぱい出るのです。
手袋もすぐに汚れやすくなるのでそういったもは子育て中というのもあり最近は避けるようになりました。

そこで何かいいものはないかな?と思っていたところドラッグストアで安売りになっていたこちらのブローネ染まりへのこだわり設計ワンプッシュカラーを購入しました。

現在はショートカットですのでひとつでいけますが髪の毛がロングのときなどは足りず2つ買っていました。
量が少ないように思います。

現在は髪の毛の色は若干暗めにしています。
というのも明るいものを使うとすぐに白髪が目立つのです。
どこの商品にもいえることかもしれませんが暗い色で染めるほうがもちがいい気がします。
今は冬ですので暗めにしています。
夏には明るめがお勧めです。

私が花王のヘアカラーを選ぶ理由

こちらの商品はワンプッシュですので手袋をはめてすぐに染めることができます。
私は今ショートカットですので全体に塗るのは簡単にできます。
その後100えんショップで売っているヘアーキャップをして30~40分放置します。
その後いつもきれいに染め上がっています。においもそれほどきつくないです。

こどもと一緒に寝ているのでにおいがきついとお母さん、くさいよ。と言われてしまいます。
過去には何度か言われたことがありましたが現在こちらの商品にしてからこどもからそういった苦情は聞かれませんので敏感な子どもでも大丈夫なのかなと思っています。

子どもがおりなかなかヘアサロンに染めに行くことが難しいですのでこちらの商品は大変気に入っています。
もうそろそろ染める時期ですので髪の毛がきれいにうつっているかどうかはわかりませんが添付します。

ドラッグストアなどにはたくさんの髪染め商品が置いてあり、正直迷います。
ただ、値段や手軽さ、きれいに染まる染まり具合などでこちらの商品と決めています。

私はあまり皮膚が丈夫ではありませんがそういえば一度もかぶれたりなどかゆくなったり、痛くなったりなどは一度もしておりません。
大変ありがたいことです。

以上のことからもちましても今後ともこちらの商品、花王から選んで買わせていただきます。

価格が安く安定した染め上がり:サロンドプロ ニオイのない白髪染め早染めクリーム


サロンドプロ

サロンドプロ ニオイのない白髪染め早染めクリーム

ドラッグストアで比較的安価で購入できます。
年末の冬至の時期に、バスクリンのゆずの香のバスソルトの試供品がついて販売されていたため、お得感があり購入しました。
毛染め剤は洗い流してしまう物のため、価格が安く安定した染め上がりの物が良いです。
なおかつおまけ付きなら嬉しいですよね。

けれども、オマケがなくてもリピート購入はしています。
その理由は、サロンドプロのクリームタイプは、部分染めに使用しやすく繰り返し使えて便利だからです。

最初に毛染め本体ではなくオマケの方ですが、炭酸の泡がシュワシュワでて香り良く、かなりリラックスできました。
毛を染めている時は、いつもより長くお風呂でじっとしていなければならないため、香りでもないとつまらなくてたまりません。
その様な意味でも良かったですし、普通のバスクリン製品とは違ってかなり湯冷めしにくい入浴剤で、体が温まりました。
毛染めしている時は、薄着でやってしまったり何かと体を冷やし気味ですが、この時は寒く冷え込んだ日でしたがポカポカでした。
こういうおまけもささやかでありながら良いな~と思います。

さて、本体である「サロンドプロニオイのない白髪染め早染めクリーム」は、乳液タイプとともによく使用している商品です。
ドラッグストアでよく特売になっているため、ありがたくまとめ買いしています。
紙全体を染めるというより、部分染めに使用しています。

良い点

サロンドプロのブラウン、ダークブラウンあたりはしっかり白髪が染まります。
色落ちに関しては、持ちが特別良いとは言えませんが、シエロよりは良いです。
クリームタイプは小出しで必要な分だけ使えるため経済的です。
たとえば、生え際や天頂の分け目など色が抜けやすい目立つ部分にサッサッと付属のくしで塗りつけて完了です。
付属のくしは、長くてなかなか使い勝手が良く、箱に毎回同梱されているためなくて困るという事はありません。
シエロで髪全体を染める時にも使っています。

良くない点

サロンドプロの良くない点は、臭い臭いがすることです。
たいていの毛染めは使用中は臭いますが、シャンプー後ではそれほど気にならなくなります。
しかしサロンドプロは、わりと残って臭います。
特に夏の汗をかくような時期には、染めた翌日は異様な感じで臭いが漂ってしまうため、出勤など外出する際は休日1日前くらいに染め、一度シャンプーする日を入れた方が無難です。
また、染める力が強いせいか地肌も染めてしまうため、薬剤を塗布する際は注意を要します。
髪も少し痛みキシむため、トリートメントは少し多めに使用します。

以上、サロンドプロにはデメリットな点もはっきりとあるのですが、それを補えるくらい安価でかつ良く染まり使いやすいヘアカラーです。
これまで他の高価な製品も使用して見ましたが、それほど染毛力に差がない感じです。
臭いだけはきつく残るため、髪全体を染めるよりは部分染めに向いており、他の製品と使い分けすると良いと思います。

白髪隠しに使用 hoyu株式会社「シエロ ヘアカラー EX」


870CAFBD-F785-4D11-A345-4A18FBD02C25

シエロ ヘアカラーを選んだ理由

初めて自宅でのヘアカラーをするということで、使用しやすいことを第一に選びました。
このシエロ ヘアカラー EXは、二つのクリームを混ぜる必要がなく、コームに直接クリームを出して髪に塗布できることから、混ぜムラが生じにくいと思い決めました。
容器を準備することもなく、その分薬剤が手やその他の部分に付着してしまうことも軽減できると思いました。
ショートボブなので、もし薬剤が余った場合には次回使用時まで保管可能な点も決め手となりました。

シエロ へカラーEXを使ってみて

自宅でのカラーリングは初めてなので、まずは説明書をしっかり読みました。
事前に準備するもののリスト、パッチテストはもちろん実際の使用まで方法が詳しく書かれており分かり易かったです。
全体染め、根元染めに分けてコツが記載されていることもありがたいです。
手袋は説明書に貼り付けてあります。

コームブラシは、クリームを出して髪に塗布するためのブラシ部分と生え際から全体に塗りやすいコーム部分が、左右に分かれた構造です。
クリームが入ったボトルのプッシュレバーを押すとゆっくりクリームが出てきます。
程よい固さでしっかりとブラシに出すことができました。
独特のツンとした香りはありますが、それほど強くは感じませんでした。
髪に塗布したときの伸びがよく、しっかりと髪に馴染みます。
お風呂の洗い場で染めたため、周囲への飛散が心配で思いっきりよくコームで梳かす勇気がありませんでしたが、後から思えばその心配はいらなかったと思います。
できれば、一人ではなく誰かに手伝ってもらった方が後ろや生え際などしっかり塗れることは言うまでもないですが、一人でも時間はかかるもののなんとか塗ることができます。

クリームを塗る間や待ち時間の服装は悩むところではありますが、季節柄寒かったため、黒い長袖の肌着に古タオルを首回りに巻いて行いました。

15分経過後、説明書通りにシャンプーを2回、リンス1回行いました。
クリームが残っている感じはなく、スッキリ仕上がりました。

元々白髪が数本ある程度の黒髪に、ダークブラウンで染めたためすぐに変化は分かりませんでした。
しっかりと乾かしたあとに確認すると、表面の目立っていた白髪はしっかり染まっていました。
しかし、髪の内部に染まりきっていない白髪を1本見つけてショックを受けました。
お風呂場を汚すことを恐れて、しっかりコームでクリームを伸ばしきれていなかったことが原因かもしれません。
とはいえ、表面に近い部分はきれいに染まっていましたし、髪が傷んだ様子もなく、満足でした。
毎朝鏡の前で癖になっていた白髪探しから卒業です。

三ヶ月後、余って保管していたクリームを使って再挑戦です。
今度は事前に新聞紙で壁や床を覆い、準備万端で染めました。
2回目ということで要領が分かってきてスムーズにできました。
クリームの状態に変化は見られず、染め上がりもムラなく、染め残りなく、大成功でした。

今の時点では、白髪の本数は少なめで、基本的には黒色のままでいいという専業主婦の私にとって、美容院でカラーリングするということは経済的ではありません。
とはいえ、ブラシでクリームを塗布するときは「もう1つ手があれば楽なのに!」と思うこともしばしば。
白髪の本数が増えれば、家族に手伝ってもらってしっかり染めようと思います。

シエロ ヘアカラー EXは、準備や片付けも楽チンで、使い切る必要もなく、使い勝手も経済的にもオススメできます。