自宅でヘアカラー|使い方でサロンのような仕上がりに。

自宅でヘアカラーのススメ

サロンみたいな仕上がりに 自宅でヘアカラーのコツ


はじめての自宅でカラー

gf2160330695
自宅でヘアカラーを初めて挑戦される方はうまく染められるか心配があるかもしれません。
最近はドラックストアやインターネットでもいろいろな種類の自宅ヘアカラー剤が販売されておりますので、初めてでも上手に染めることが出来ます。
その中でも、初めてでも簡単でお勧めなのは泡タイプのヘアカラーです。

泡タイプは液だれせずにまた泡を髪に揉み込むような感じで簡単に染める液を髪になじませることが出来ます。
そのためムラがなくきれいに染めることが出来ます。
また泡タイプは余った液を残しておくことが出来るのも魅力の一つです。

またサロンですと色をプロの美容師さんがアドバイスをしてくれますが、自宅で染める場合は色選びを自分でやることとなります。

色選びのポイントは、思っているよりも一つ暗めの色を選ぶことです。
自宅カラーは早くに色が抜ける傾向にありますので1つ色を暗めにしておくと色抜けもあまり気にならないでしょう。

チャレンジ自宅でカラーリング

実際に自宅カラーリング材を使って染めてみましょう。

まずは髪を分けていきます。
この作業が染まり具合に大きかかわります。
ちょっと面倒かもしれないですがここは丁寧に分けておきましょう。
分け方は左右に分けていきます。
また左右を3ブロックに分けて前方・中・後方に分けていきます。
一番根本のところから揉みこむようにカラーリング剤をつけていきます。
うなじ→前方→トップの順に丁寧に揉みこんでいきます。
この時少しずつ丁寧に揉みこんでいきましょう。

すべて塗り終わりましたら頭をサランラップで巻いて行きましょう。
これをすることにより熱を均一にしていき空気と遮断しておきますので仕上がりに差が出てきます。

これもサロンでも使われているテクニックの一つです。
記載されている時間が経過しましたらシャワーで洗い流していきましょう。
これでサロンのような仕上がりにカラーリングが完成です。

カラーリングの後気を付ける事

それではカラーリング後のシャンプーはどうでしょうか。
よくカラーリングをした日はシャンプーをしないほうが良いと聞きますが実際にはどうなのでしょう。

カラーリングが定着するには大体1日から2日かかるといわれております。
ですのでなるべくカラーリングをした日のシャンプーは避けるのが良いでしょう。

また熱いお湯でのシャンプーはNGです。
せっかくカラーリングをした色が抜けてしまう原因となってしまいます。
シャンプーはぬるま湯でやさしくすることが基本です。
またアミノ酸系のシャンプーは頭皮へのダメージも少ないのでお勧めです。

シャンプー後はドライヤーで良く乾かしましょう。
濡れたままの髪は痛む原因となりまたカラーの持ちも悪くなってしまいます。
シャンプー後は乾かすように心がけましょう。

最後に。ヘアカラーで髪が傷んでしまったなどの経験がある方はオーガニック系のヘアカラーやまた白髪染めは髪へのダメージが少ないです。
ただ髪への痛みが少ない分色抜けが早いといったデメリットもございます。
色々な種類のヘアカラー剤がありますので自分に合ったカラー剤を探してみるとよいでしょう。

「花王 ブローネ泡カラー5ブラウン」簡単に染められてキレイ


IMG_2498 - コピー

目立ち始めた白髪を、ナチュラルに綺麗に隠したい、染めたいと思っていましたが、液体だと、液だれをして上手く染まらず手間がかかりました。
ところが、泡カラーでヘアカラーをすると、泡が染めたい白髪の部分にピタッと密着し、染め上がりが美しく、綺麗に白髪を染め上げることが出来ました。
気になる色落ちもないので、綺麗を長期間楽しむことが出来ています。
匂いもきつくないので、使いやすく、プチプラ価格でお財布にも優しいし、お肌も荒れないのでこのカラー剤をリピートしています。

30代から、前髪、耳のあたりに白髪が目立ち始めるようになりました。
最初は、白髪用部分マスカラで、少し塗って、白髪を隠していたのですが、白髪の範囲が後頭部まで広がってしまったので、美容院で、毎回ヘアカラーをすることになりました。
一回のヘアカラー、カットで、15,000円ほどかかってしまい、正直お財布の打撃も大きくとても困っていました。
子育てをしているので、なるべく節約をしたいけれど、見た目も白髪が目立つのは良くないしと、ジレンマに陥ってしまいました。
実は、一度、自分でセルフでヘアカラーを染めたことがあったのですが、液体のヘアカラー剤で、後頭部を上手く染めることが出来なかったことと、匂いがきつくて断念をしてしまったことがありました。

子供の教育費にお金を使いたいけれど、白髪をどうにかしたいという気持ちに挟まれ、鏡を見るたびに辛い毎日になりました。
どんどん増えていく白髪に思い悩んでいた時、薬局で、ブローネ泡カラーを見つけました。
お値段も、プチプラで買いやすく、特売の日には、850円位に値下がりしていることもあったので、安い時に、試しに一度買ってみようと思いました。

このブローネ泡カラーは、泡タイプで染めるので、これまで手間がかかっていた液体ではないため、使いやすいように思えました。
特売日に、早速購入をして、お家で子供が幼稚園に行っている間にヘアカラーをしてみました。

ブラシにとって、いちいち塗る手間が無くて、手に泡を取り、気になる白髪部分に最初に塗って、その後、髪全体に塗ってみました。
取扱説明書にあるように、待つこと20分程度、洗い流して、驚きました。
これまで、何度も染め直していた、耳周りの白髪が、一度で綺麗に染まったからです。
根元からきれいな染め上がりで、とても満足しました。

使いやすいし、待っている間、液だれしないのがとても良かったです。
泡を付けた後、指先で、泡を頭全体に揉み込むようにマッサージすると、よりしっかりとヘアカラーをすることが出来ました。
プチプラ、時短、綺麗な仕上がりなので、私はずっとこのブローネ泡カラーをリピートしています。

いつもブラウン系を選んでヘアカラーしていますが、退色も色落ちも気にならず、白髪が生えてきて目立ち始めたときに、全体を染めるようにしています。
匂いが優しい香りなので、とても気に入っています。
もう染め直しをしたくない、360度綺麗な髪色でいたい方に是非おすすめです。

髪染めがダメだった人にためしてほしい「ヘナ」


DSCF0119 (2)

(株)ナイアードの「ヘナ+木藍」「ヘナ+十種のハーブ」を使っています。
実際美容院に行くより経済的で、安心できる商品であること、継続価値のある商品を探しました。
染めた後で感じる髪質については、他の商品と同様「トリートメント効果」についての商品説明より、この商品を利用した多くの方の「以前より髪質が良くなった」とレビューに信頼性を感じました。

何より、化学物質が含まれていないのも魅力です。
元々生協を利用しているため、利用者の間ではレビュー評価が高く、気もなっていたことも大きかったです。
個人的にはにおいも苦になるものではなく、サイトの商品説明を読んでも作業行程は慣れない私でもできると思われました。

自宅で染めた最初は、まずどのような商品を選んだら良いのかもよくわからず、後で洗髪の度に色が落ちていったり、ごわごわ感があったりして、半ば諦めていました。
それは「染める」という目的意識からスタートしたためで、白髪を隠すために手っ取り早く染めることができたとしても、やはり継続性としては無理があるのだと思い至りました。

その後、まんばんなく染まるようにできる商品を探して行き着いたのが、この「ヘナ」であったわけですが、名前だけはかねてより聞いていました。
ただ「ニオイ」の好き嫌いや仕上がりの風合いの趣向など意見も分かれているので、なかなか決心がつきませんでした。
ですが、明らかに長く愛されている商品のようですので、一度試したいと思ったのです。

購入前に、染めた後、どの程度のシャンプーが一番適切なのか、気になって質問メールで確認しました。
私の場合、普通の固形石けんなので、それで大丈夫か問い合わせたところ、理想的であるということで、即効購入に至りました。

ヘナはカラーが豊富ではありませんが、派手な色を希望しない、白髪染め対策で使うなら問題ないと思います。
私は「ヘナ+十種のハーブ」をベースにして、「ヘナ+木藍」を混ぜて使用することにしました。
割合的には6対4くらいです。
明るめがいい人は、「黒茶系」表示の「ヘナ+木藍」を多くするといいと思います。

また、開封した段階で「ニオイ」を確認。
これについては本当に賛否両論なのですが、ハーブ系が大丈夫な人は、殆どいけると思います。
「植物100%」ですので、草のニオイが強いですが、田園に癒やしを感じる日本人なら嫌なにおいではないでしょう。
ところで個人的には、やはり髪の毛であっても「頭皮」への影響も考慮したいところです。
この商品は、少なくとも有害物質を使っていないことが明記されています。
パッケージにも「科学染料、着色料、保存料は一切使用していません。」と書かれています。

また、仕事上、あまりにおいが残るのは嫌だと言う人には、お助けサイトもありました。
におい軽減のために「紅茶」が有効だそうです。
私も紅茶パックを使って試しましたが、「無」になるというところまではいかず、たぶん軽減されたり、その後のにおいが気にならなくなる速度は速まると思います。

調合も簡単で、待つ時間も一時間以上であれば大丈夫です。
仕上がりもとてもよくて、気になっていたごわごわ感もなく、いつものシャンプーした後と、何ら変わりません。
また、自分の髪の毛だからまんべんなく丁寧に染められることも、綺麗に染められる要因かもしれません。
同じ「ヘナ」であっても、

扱っている会社によって、様々なのでしょう。
やはりこの「ナイアード」の商品は人気です。
周囲の方の中には、いろんな理由で今までどんな髪染め製品を使ってもだめだったという方がいます。
そういう方々にも試して欲しい商品だと思います。

すぐに染まって経済的!ホーユー_Men’s Bigen スピーディーⅡ


ヘアカラー

最近、前頭部の白髪が増えて黒いサイドとフロントの白ではげて見えてしまい、ワンプッシュで旦那の若白髪を染めるA剤とB剤が同時に出てくるタイプを使っていましたが満足のいく染め上がりにならず、鼻に来るツンとした匂いが無くしっかり染まる二剤別タイプ(A・B剤別チューブでブラシで染める)が自然な黒色に染めてくれて気に入り購入し、愛用しています

おすすめポイント

染まるのが早く(5分)真っ黒な仕上がりになり、私の髪の色に近い真っ黒にしてくれて満足ですが肌に付くとなかなか取れないので注意を要し、手袋が付いていますので、決して素手で染めないようにし、余った分は次回また使えるので経済的なメリットが嬉しい今愛用の市販のヘアカラーです。

私の髪は、毛が剛毛で多いため長髪だと髪が立ってしまい浮いてしまうので、若い頃から短く刈り込んだショートカットのヘアスタイルを続けてきましたが、30代の前半頃からぽつりぽつりと白髪が出始め、40代半ば頃からは定期的に白髪染めを使用するようになり、白髪は床屋で染めてもらうことがほとんどでしたが、基本的に経済的で安価な市販品の白髪染めを使い始めてからは、いろいろなメーカーの様々な商品を試してきた結果、自分の体質にも合っているホーユーの「メンズビゲン」シリーズを気に入って使い続けています。

今使っているのは「メンズビゲン スピーディーⅡ」で、いちばんのメリットはなんといっても染まるまでの時間が短いことで、私は入浴した時に、お風呂場で初めに白髪染めクリームを髪になじませてから、髭剃りをしたり体を洗ったりしています。

染まるまでの時間は5分ほどですので、体を洗い終わる頃にはちょうど染まっている感じで、体を洗い、髪のクリームをシャワーで流してシャンプー・リンスをして終わり、白髪染めのために別に時間を割いていないのでとても楽で助かっています。

私は髪が短いので、1回の白髪染めに使う薬剤の量が少なくて済み、A剤とB剤の薬剤を混ぜて使いますが、使い切りタイプの白髪染めは大量に余り、もったいないことになるのですが、「メンズビゲン スピーディーⅡ」のシリーズはコームの上に2種類の薬剤を出してそのまま髪になじませれば良く、あらかじめ混ぜる必要がなく、薬剤を混ぜないので、残った分は次回に取っておくことができ、私の場合、1つのヘアカラーで3回は白髪染めが可能で、経済的にもとても助かっています。

「メンズビゲン スピーディーⅡ」の短所としては、やはりひと月弱でほぼ元の状態に戻ってしまうことで、短いスパンで染め直さないといけないな、という感じで、1回の時間が短い方がいいのか、長持ちする方がいいのかは人それぞれだとは思うのですが、頻繁に白髪染めをすることで、浴室の壁などにうっかり薬剤を飛び散らせてしまい、白髪染めをした夜枕カバーに色移りしてしまったりといった失敗のリスクも当然増えてきますので、回数が増える分注意した方が良いと思います。

私は、風呂場で白髪染めをした日は、風呂を上がる時にシャワーで軽く壁などを洗い流してから出るように心掛けています。

何といっても手間がかからないことが一番で、次に経済的なところで、私は「メンズビゲン スピーディーⅡ」を愛用し、風呂に入った時に、とにかくぱぱっと終わらせることができるのが一番、楽で、そういった意味から、この商品を使い続けており、風呂に入って悠長に白髪染めなどしていたら、間違いなくのぼせてしまい、具合が悪くなれば悲惨なことになるで、普段から多忙で白髪を染める時間があまり取れない男性諸氏におすすめの市販のヘアカラーです。