自宅でヘアカラー|使い方でサロンのような仕上がりに。

自宅でヘアカラーのススメ

サロンみたいな仕上がりに 自宅でヘアカラーのコツ


はじめての自宅でカラー

gf2160330695

自宅でヘアカラーを初めて挑戦される方はうまく染められるか心配があるかもしれません。
最近はドラックストアやインターネットでもいろいろな種類の自宅ヘアカラー剤が販売されておりますので、初めてでも上手に染めることが出来ます。
その中でも、初めてでも簡単でお勧めなのは泡タイプのヘアカラーです。

泡タイプは液だれせずにまた泡を髪に揉み込むような感じで簡単に染める液を髪になじませることが出来ます。
そのためムラがなくきれいに染めることが出来ます。
また泡タイプは余った液を残しておくことが出来るのも魅力の一つです。

またサロンですと色をプロの美容師さんがアドバイスをしてくれますが、自宅で染める場合は色選びを自分でやることとなります。

色選びのポイントは、思っているよりも一つ暗めの色を選ぶことです。
自宅カラーは早くに色が抜ける傾向にありますので1つ色を暗めにしておくと色抜けもあまり気にならないでしょう。

チャレンジ自宅でカラーリング

実際に自宅カラーリング材を使って染めてみましょう。

まずは髪を分けていきます。
この作業が染まり具合に大きかかわります。
ちょっと面倒かもしれないですがここは丁寧に分けておきましょう。
分け方は左右に分けていきます。
また左右を3ブロックに分けて前方・中・後方に分けていきます。
一番根本のところから揉みこむようにカラーリング剤をつけていきます。
うなじ→前方→トップの順に丁寧に揉みこんでいきます。
この時少しずつ丁寧に揉みこんでいきましょう。

すべて塗り終わりましたら頭をサランラップで巻いて行きましょう。
これをすることにより熱を均一にしていき空気と遮断しておきますので仕上がりに差が出てきます。

これもサロンでも使われているテクニックの一つです。
記載されている時間が経過しましたらシャワーで洗い流していきましょう。
これでサロンのような仕上がりにカラーリングが完成です。

カラーリングの後気を付ける事

それではカラーリング後のシャンプーはどうでしょうか。
よくカラーリングをした日はシャンプーをしないほうが良いと聞きますが実際にはどうなのでしょう。

カラーリングが定着するには大体1日から2日かかるといわれております。
ですのでなるべくカラーリングをした日のシャンプーは避けるのが良いでしょう。

また熱いお湯でのシャンプーはNGです。
せっかくカラーリングをした色が抜けてしまう原因となってしまいます。
シャンプーはぬるま湯でやさしくすることが基本です。
またアミノ酸系のシャンプーは頭皮へのダメージも少ないのでお勧めです。

シャンプー後はドライヤーで良く乾かしましょう。
濡れたままの髪は痛む原因となりまたカラーの持ちも悪くなってしまいます。
シャンプー後は乾かすように心がけましょう。

最後に。ヘアカラーで髪が傷んでしまったなどの経験がある方はオーガニック系のヘアカラーやまた白髪染めは髪へのダメージが少ないです。
ただ髪への痛みが少ない分色抜けが早いといったデメリットもございます。
色々な種類のヘアカラー剤がありますので自分に合ったカラー剤を探してみるとよいでしょう。

色むらなくよく入ってくれる:花王の「リーゼ プリティア泡カラー」のココアブラウン


image1

私がこのカラー剤を選択した理由は2つあります。

1つ目は、「プリティア泡カラーシリーズ」がリニューアルしてカラーのラインナップが大幅に増え、多くのカラーから選択できるようになっていたからです。
2つ目は、もっちりの濃密泡で根元までピタッと密着!と記載されたパッケージを見て、これなら根元まで簡単に綺麗に染まるのでないかと考えたからです。

この2点に魅力を感じたので、今回初めてこのカラー剤を購入してみました。

(さらに…)

時間短縮もできて、髪質もサラサラに!:ルシードエル ミルクジャムヘアカラー クラシックミルクティ


750F5948-ED0D-441B-B5DD-23ACA2BB258B

市販のカラー剤を調べていると色落ちのしにくさや染めやすさなどの口コミが沢山あり使ってみたのがきっかけです。
元々は泡カラーなど使ってみてたのですが気付いたら壁に飛んでいたり落ちが早かったりと所々思うところがあったので思い切って変えてみました。
値段も安くて色が長持ちするならコスパもいいと思って買いに行ったのですが私の地域には売ってるところが少なく探すのに苦戦しました。
ですが、その苦労も無駄じゃないと思えるくらいの効果でした。

(さらに…)

名前の通り染め上がりが早い:ホーユー ビゲン スピィーディーカラー 乳液 5 (ブラウン) 1剤40g+2剤60mL


P_20190305_173526

値段が安くお手頃だったことと、CM等でよく見かけることもあり、なんとなくですが安心感があったことが理由です。
これまでは、染まり方にムラが出るのが嫌なので市販品はあまり使うことはありませんでしたが、落ち着いたトーンの白髪染めだとそういった心配もいらないのかなと思い試してみることにしました。
自分は男ですが、カラー剤の中身自体は女性用であろうが、男性用であろうがさほどかわらないだろうと思い、値段の安さと知名度を優先してこのカラー剤をチョイスしました。

(さらに…)