自宅でヘアカラー|使い方でサロンのような仕上がりに。

自宅でヘアカラーのススメ

サロンみたいな仕上がりに 自宅でヘアカラーのコツ


はじめての自宅でカラー

gf2160330695

自宅でヘアカラーを初めて挑戦される方はうまく染められるか心配があるかもしれません。
最近はドラックストアやインターネットでもいろいろな種類の自宅ヘアカラー剤が販売されておりますので、初めてでも上手に染めることが出来ます。
その中でも、初めてでも簡単でお勧めなのは泡タイプのヘアカラーです。

泡タイプは液だれせずにまた泡を髪に揉み込むような感じで簡単に染める液を髪になじませることが出来ます。
そのためムラがなくきれいに染めることが出来ます。
また泡タイプは余った液を残しておくことが出来るのも魅力の一つです。

またサロンですと色をプロの美容師さんがアドバイスをしてくれますが、自宅で染める場合は色選びを自分でやることとなります。

色選びのポイントは、思っているよりも一つ暗めの色を選ぶことです。
自宅カラーは早くに色が抜ける傾向にありますので1つ色を暗めにしておくと色抜けもあまり気にならないでしょう。

チャレンジ自宅でカラーリング

実際に自宅カラーリング材を使って染めてみましょう。

まずは髪を分けていきます。
この作業が染まり具合に大きかかわります。
ちょっと面倒かもしれないですがここは丁寧に分けておきましょう。
分け方は左右に分けていきます。
また左右を3ブロックに分けて前方・中・後方に分けていきます。
一番根本のところから揉みこむようにカラーリング剤をつけていきます。
うなじ→前方→トップの順に丁寧に揉みこんでいきます。
この時少しずつ丁寧に揉みこんでいきましょう。

すべて塗り終わりましたら頭をサランラップで巻いて行きましょう。
これをすることにより熱を均一にしていき空気と遮断しておきますので仕上がりに差が出てきます。

これもサロンでも使われているテクニックの一つです。
記載されている時間が経過しましたらシャワーで洗い流していきましょう。
これでサロンのような仕上がりにカラーリングが完成です。

カラーリングの後気を付ける事

それではカラーリング後のシャンプーはどうでしょうか。
よくカラーリングをした日はシャンプーをしないほうが良いと聞きますが実際にはどうなのでしょう。

カラーリングが定着するには大体1日から2日かかるといわれております。
ですのでなるべくカラーリングをした日のシャンプーは避けるのが良いでしょう。

また熱いお湯でのシャンプーはNGです。
せっかくカラーリングをした色が抜けてしまう原因となってしまいます。
シャンプーはぬるま湯でやさしくすることが基本です。
またアミノ酸系のシャンプーは頭皮へのダメージも少ないのでお勧めです。

シャンプー後はドライヤーで良く乾かしましょう。
濡れたままの髪は痛む原因となりまたカラーの持ちも悪くなってしまいます。
シャンプー後は乾かすように心がけましょう。

最後に。ヘアカラーで髪が傷んでしまったなどの経験がある方はオーガニック系のヘアカラーやまた白髪染めは髪へのダメージが少ないです。
ただ髪への痛みが少ない分色抜けが早いといったデメリットもございます。
色々な種類のヘアカラー剤がありますので自分に合ったカラー剤を探してみるとよいでしょう。

ティーライフの黒茶のチカラ:頭皮にやさしく、しっかり染まる


黒茶のチカラ

ティーライフの「黒茶のチカラ」を購入したきっかけ・気になる使用感は?

ティーライフの「黒茶のチカラ」(ブラウン)

最初は、ドラッグストアで販売している2液を混合するタイプの1000円以内のカラー剤を使用しましたが、あまり染まりませんでした。

次に、美容院でカラーリングをしましたが、何年かするうちに、頭皮が痛くなったりかゆみが出るアレルギーのような症状が出ました。

そこで、頭皮にやさしく、しっかり染まるカラー剤を調べ、何種類か試してみました。

その中で、返品可能で試せるティーライフの黒茶のチカラを試したところ、良かったので続けています。

使ってみたレポート

10年以上、白髪染めをしています。

最初は、ドラッグストアで販売されている二液を混合するタイプの1000円未満のカラー剤を試してみました。

しかし、私は毛が硬くて太く、くせ毛なためか、ほとんど染まっているように見えませんでした。

そこで、美容院でカットしてもらうときに一緒にカラーリングをしてもらうようにしました。

美容院でのカラー剤は、しっかり染まるので、何年か美容院でカラーリングをしていました。

しかし、カラーリング後に髪がゴワゴワになったり、頭皮に違和感(痛みやかゆみ)を感じるようになり、しだいにひどくなりました。

調べてみると、美容院のカラー剤は強い薬液を使用しているので、アレルギーの原因となるということです。

そこで、頭皮にやさしく、かつしっかり染まるカラー剤を口コミなどを参考に調べ、3種類ほど試してみました。

最初に試した一種類は、価格のわりに容量が多く、お得な感じでしたが、染めた後にあまり長持ちせず、短期間で色落ちしてしまいました。

ティーライフの黒茶のチカラは、使用後に30日以内なら返金・返品可ということだったので、気軽に試すことができました。

ティーライフは、プーアル茶(別名黒茶)などのお茶の会社ですが、黒茶の茶渋の成分を使用したカラー剤も販売しています。

お茶の成分以外にも植物由来の髪にやさしい成分が含まれているので、アレルギーをおこしにくいように感じたので、注文しました。

実際に、黒茶のチカラ(ブラックとブラウンの二色ありますが、ブラウンを注文しました)を使用してみました。

このカラー剤は、チューブに入っている一種類のカラー剤で、洗髪前の乾いた髪に塗り、シャワーキャップをして30分ほどたってから洗い流し、それからいつものシャンプーとトリートメントをしてみました。

シャンプー後の湿った髪に塗るより、乾いた髪に塗るほうがよく染まるそうなので、私はこの方法で染めています。

染まり方は、美容院のカラー剤ほどではありませんが、二液混合タイプよりはしっかり染まりました。

また、二液混合タイプは独特の刺激的なにおいが気になりましたが、黒茶のチカラは、そのようなにおいがなく、わずかにプーアール茶のにおいがする程度です。

それから、毎日洗髪することでどれぐらい色落ちするか調べたところ、1~2週間は白髪が目立たなかったです。

色合いも自然なブラウンなので、多少色落ちしても、自然な髪色なので、長持ちします。

また、髪がゴワゴワになったり痛んだりすることもなく、アレルギーのような症状も起こりませんでした。

以降、この商品を3年ぐらい使用していますが、特にトラブルもなく使い続けています。

ビューティーン メイクアップカラー:市販ではなかなかないネイビーブルー


2

ビューティーン メイクアップカラーを購入したきっかけ・気になる使用感は?

このシリーズのものをリピートしていたのと、市販のカラー剤の中では色味のバリエーションが豊富で発色もいいのでよく使っていました。

特にブルー系のカラーは市販ではあまり売っていないのでこちらの商品は重宝していました。

あと、値段も手頃なので手に取りやすく、たっぷり量を使えるので仕上がりにムラが出にくいと思いますし、ドラッグストアなど取扱店舗が多いので購入のしやすやと言った面でも使用頻度は高かったと思います。

使ってみたレポート

商品を出すと、プッシュ式の泡カラーではないことがわかります。

説明書きを読んだところ、揉み込んでいる内に泡になるらしい。

コームなどを使わなくていいのはズボラな私には助かる!

実際やってみるとほとんどシャンプー感覚で出来た!

シャンプーの泡よりは固めな印象。

あと、シャンプーのつもりでやると力加減によっては泡が飛び散る可能性があるかも。

要注意。

匂いも決していい匂いではないけど、そんなに強く匂うこともない、我慢できる程度、といった印象。

鎖骨より下ぐらいのセミロングの長さだとやはり一箱では足りない。

髪の毛の量が少ない人なら大丈夫なのかな?でも色ムラ気になるし二箱用意するのがベスト。

コーム使う形のカラー剤だと時間配分が気になるけど、泡立って全体を覆えるから部分部分で時間差が出来ないのはセルフカラー初心者の人でも使いやすいポイントかも。

全体に泡が行き渡ったらそのまま25分放置。

放置してる間にもこもこだった泡もちょっとしゅわしゅわになって、カラーしてる!って感じがした。

25分後早速シャンプー!うまくいってるかなー。

楽しみ!

まずは少しお湯で濡らして最後に駄目押し揉み込み。

爪が青くなった!期待できそう!私は気にしないけど、気になる人はここでも手袋してた方がいいかもしれない。

その後はひたすら洗い流す。

流れてくる親も真っ青。

ちょっと青すぎる気がして心配になるレベルで青い。

お湯に色が出なくなったらいつも通りシャンプーしてコンディショナー。

指通りは悪くない。

むしろいつもよりいいかもしれない。

タオルドライしてタオルに色がつかなければオッケー。

乾かす前に入ってた流さないトリートメントをしっかり馴染ませる。

これはすごくいい匂いした!

個人的には流すタイプのトリートメントより流さないタイプのトリートメントが入ってる方が嬉しい。

後はドライヤーで乾かす!乾かす!乾かす!

濡れてるとほとんど色は黒。

乾いていくと青っぽい感じになってきた。

元々の髪色が結構明るめだったから、ネイビーというよりブルーっぽくなるかな、と思ってたけど全然ネイビーだったよ!全体的に落ち着いてて暗いところでみたら黒に見えると思う。

明るいところで見ればネイビーだな、って分かるぐらいの色味。

乾かしてもキシキシ感もでなくてトゥルトゥルさらさらのまま。

結構ブリーチした髪だったから色落ちはそこそこ早くて2週間ぐらいでほとんど色は残ってなかったかな。

でも値段を考えると充分すぎると思う。

syoss サイオスヘアカラー ヌーディーピンク:おしゃれ系の白髪染め


1

syoss サイオスヘアカラー ヌーディーピンクを購入したきっかけ

まずドラックストアの棚の中で、500円以下という安さに惹かれて手に取りました。

私は30代で、初めての白髪染め購入でしたが、白髪の量も多くはないので、パッケージがあまり年配の方を対象としているものではなく、少しオシャレなパッケージのヘアカラーに自然と目が行きました。

比較的若い人向けの白髪染めでお安く、また色がヌーディーピンクということで、オシャレ染めのように染めることができるのではと期待して購入しました。

使ってみたレポート

商品の中身と染めた感じ

商品は、1剤と2剤を混ぜるクリームタイプで、専用のコームで染めるようなもので、染めるにあたって特に不便は感じず、スムーズに染めることができました。

肩より長いセミロングで、髪の量は多めなのですが、クリームの量はちょうどよく、すべて染めても少し余るくらいの十分な量でした。

ヘアカラーでにおいが気になる商品もありますが、こちらはそこまで嫌な臭いとは感じず、さっぱりと不快感のない香りです。

また、私は美容院でも、セルフヘアカラーをする際でも、頭皮の刺激を少々気にしているのですが、こちらの商品は少し染みる感じはしました。

これはほかのヘアカラーでも同じくらいの刺激で、自然派のものでないと刺激は少なくするのは難しいのかなと感じます。

ただ「プロのスタイリストによってつくられたサロン品質ブランド」という売り文句なので、悪い品質ではないのではないかと思っています。

染めたての髪はほんとうにサロン品質といえるくらいの染まり方です。

染まり具合

きれいにピンク系の色に染まりました。

派手な色ではなく落ち着いたオシャレなピンクです。

染めてしばらくは白髪も目立たず、白髪をカバーしながらも黒髪を明るくでき、普通のヘアカラーをしたような自然な色で過ごせました。

色むらもなく、満足な仕上がりでした。

つやも出て、パッケージに書いてあるようにサロン帰りのような髪色・髪質になりました。

色持ち

白髪染めはほかのものも長く持ちづらいとは思うのですが、3週間ほどたった頃には染め直しが必要な程度に退色してきたと思います。

それでも市販のヘアカラーとしては、色もちもいいほうだと感じています。

リピートもしています

何度か同じものを繰り返し購入して使用していました。

だんだん繰り返していると、髪がパサパサしてきて、痛んでくるような印象は受けました。

少し休んで髪や頭皮に優しい他のカラートリートメントを使ってみたり、美容院で白髪染めをしてみたりしながら、またこちらの商品を合間に使用しています。

カラートリートメントや美容院の方が刺激も少なく、頭皮には安心だとは思うのですが、理想的な髪色になかなか出会えず、やはりサイオスヘアカラーのヌーディーピンクは魅力的だと感じているので、頭皮にあまり影響がなく、髪が痛まないようであればずっと使い続けたい商品です。