自宅でヘアカラーのススメ

自宅でヘアカラーのススメ
自宅でヘアカラーをしたい方のための情報サイトです

髪の毛を染めたいけど、美容院だとちょっと予算オーバー・・・
自分で染めて失敗したらどうしよう・・・
そんな自宅でヘアカラーをしたい方のための情報サイトです。

そもそもヘアカラーってどういうもの?染め方は?といった基本知識から、人気のアッシュやグレー、グラデーションカラー、メンズにおすすめのカラーまでをご紹介!
自分で染める際のポイントやコツはもちろん、注意点もまとめているので、是非チェックしてみて下さい。

また、ヘアカラー商品の比較や口コミも掲載。
あなたにピッタリの商品が見つかるかも・・・!?

自宅で簡単お手軽にオシャレにイメチェンしちゃいましょう!

ヘアカラー剤の口コミ | 02月06日更新

自宅でヘアカラー体験談 花王 リーゼ プリティア泡カラーの口コミ情報

img001

花王 リーゼ プリティア泡カラーで、ご自宅でセフルカラーに挑戦したという方に、使ってみたご感想をお聞きしました。

花王 リーゼ プリティア泡カラーに決めた理由を教えてください。

泡なのでムラなく染めることができると友人に聞き、試してみました。

実際に使ってみて、いかがでしたか?

今までずっと美容院で染めていたのですが、ブリーチをしていたので色落ちも早く、明るすぎると職場で注意を受けたので髪を染めることにしました。

(さらに…)

ヘアカラー剤の口コミ | 01月30日更新

自宅でヘアカラー体験談 ブローネ 泡カラーの口コミ情報

awaimg

ブローネ 泡カラーを使って自宅でヘアカラーしてみたという方に、感想を伺いました。

ブローネ 泡カラーに決めた理由を教えてください。

泡タイプなのでセルフカラー初心者でも染めムラが少なそうだと思ったからです。

実際に使ってみて、いかがでしたか?

白髪が目立ってきたけど未就園児がいて気軽に美容院へ行けないのでセルフカラーしてみようと思ったのが購入のきっかけでした。
髪は伸びたら結べばしばらくしのげますが、白髪は隠しきれないので…。
泡タイプは丁寧にコーミングしなくてもガシガシシャンプーするような感覚で染めていけるので楽です。

(さらに…)

ヘアカラー剤の口コミ | 01月20日更新

自宅でヘアカラー体験談 CIELO ムースカラーの口コミ情報

img01

CIELO ムースカラーを使ってみたという方に、お話を伺ってみました。

CIELO ムースカラーに決めた理由を教えてください。

私は、肌が敏感で特に頭皮が過敏症で、カラー剤を使ったあとかゆみがでることが多い体質です。
ですが白髪が多くなってきてそのままにしているのもイヤなので、色々なカラー剤を使って合う物を探していました。

(さらに…)

自宅でヘアカラーするなら | 12月17日更新

メンズ用へアカラーについて

ヘアカラーはもはや女性だけのものではなく、男性にもポピュラーなものとなっています。
最近は極端なカラーリングよりも暗色のヘアが流行しつつあるので、室内では気付かないけれど外の光に当てるときれいな髪色がわかるというようなグレーやアッシュを使った色味も男性におすすめです。
(さらに…)

自宅でヘアカラーするなら | 12月17日更新

ヘアカラーのグラデーションについて

ヘアカラーを1トーンで染めるのが定番ですが、グラデーションを作って動きをだしたりしてより美しいスタイルをつくることもできます。
また、もとの髪色とかなり違うカラーリングをしている時など、髪が伸びてきたときの根元と他の部分の色の差が出てしまうという悩みも、グラデーションをかけておくことによって目立たなくすることができます。
(さらに…)

自宅でヘアカラーするなら | 12月17日更新

アッシュ系へアカラーについて

アッシュ系ヘアカラーは日本人が出やすい赤系や黄色みがかったメラニン色素を抑えて、透明感や柔らかさなどを演出してくれます。
灰色がかったくすんだ色味ですが、もともとの髪色や染まり具合や髪質によって色味が変わってきます。
太くて硬い髪質でもアッシュ系に染めると赤ちゃんのような柔らかい細いイメージを出せます。
(さらに…)

自宅でヘアカラーするなら | 12月17日更新

グレー系へアカラーについて

グレー系のヘアカラーはダークカラーでありながらも黒ほど重くならない透明感で最近人気が上昇しています。
茶髪には飽きたけれど黒髪には抵抗があるという人もおしゃれ感の強いグレーカラーに注目しています。
また、夏の紫外線などでダメージを受けた髪の痛みを暗色に変えることによって目立たなくさせる効果も期待できます。
(さらに…)

自宅でヘアカラーするなら | 12月17日更新

赤系へアカラーについて

赤系のヘアカラーは日本人のもともとの髪色に馴染みやすいのもあり、流行にかかわらず不動の人気があります。
赤系の色味とひとくちで言ってもピンク系なのか、紫に近い赤なのかによってかなり印象が違ってきます。
それぞれの特徴は以下の通りです。
(さらに…)