自宅でヘアカラー|使い方でサロンのような仕上がりに。

自宅でヘアカラーのススメ

サロンみたいな仕上がりに 自宅でヘアカラーのコツ


はじめての自宅でカラー

gf2160330695

自宅でヘアカラーを初めて挑戦される方はうまく染められるか心配があるかもしれません。
最近はドラックストアやインターネットでもいろいろな種類の自宅ヘアカラー剤が販売されておりますので、初めてでも上手に染めることが出来ます。
その中でも、初めてでも簡単でお勧めなのは泡タイプのヘアカラーです。

泡タイプは液だれせずにまた泡を髪に揉み込むような感じで簡単に染める液を髪になじませることが出来ます。
そのためムラがなくきれいに染めることが出来ます。
また泡タイプは余った液を残しておくことが出来るのも魅力の一つです。

またサロンですと色をプロの美容師さんがアドバイスをしてくれますが、自宅で染める場合は色選びを自分でやることとなります。

色選びのポイントは、思っているよりも一つ暗めの色を選ぶことです。
自宅カラーは早くに色が抜ける傾向にありますので1つ色を暗めにしておくと色抜けもあまり気にならないでしょう。

チャレンジ自宅でカラーリング

実際に自宅カラーリング材を使って染めてみましょう。

まずは髪を分けていきます。
この作業が染まり具合に大きかかわります。
ちょっと面倒かもしれないですがここは丁寧に分けておきましょう。
分け方は左右に分けていきます。
また左右を3ブロックに分けて前方・中・後方に分けていきます。
一番根本のところから揉みこむようにカラーリング剤をつけていきます。
うなじ→前方→トップの順に丁寧に揉みこんでいきます。
この時少しずつ丁寧に揉みこんでいきましょう。

すべて塗り終わりましたら頭をサランラップで巻いて行きましょう。
これをすることにより熱を均一にしていき空気と遮断しておきますので仕上がりに差が出てきます。

これもサロンでも使われているテクニックの一つです。
記載されている時間が経過しましたらシャワーで洗い流していきましょう。
これでサロンのような仕上がりにカラーリングが完成です。

カラーリングの後気を付ける事

それではカラーリング後のシャンプーはどうでしょうか。
よくカラーリングをした日はシャンプーをしないほうが良いと聞きますが実際にはどうなのでしょう。

カラーリングが定着するには大体1日から2日かかるといわれております。
ですのでなるべくカラーリングをした日のシャンプーは避けるのが良いでしょう。

また熱いお湯でのシャンプーはNGです。
せっかくカラーリングをした色が抜けてしまう原因となってしまいます。
シャンプーはぬるま湯でやさしくすることが基本です。
またアミノ酸系のシャンプーは頭皮へのダメージも少ないのでお勧めです。

シャンプー後はドライヤーで良く乾かしましょう。
濡れたままの髪は痛む原因となりまたカラーの持ちも悪くなってしまいます。
シャンプー後は乾かすように心がけましょう。

最後に。ヘアカラーで髪が傷んでしまったなどの経験がある方はオーガニック系のヘアカラーやまた白髪染めは髪へのダメージが少ないです。
ただ髪への痛みが少ない分色抜けが早いといったデメリットもございます。
色々な種類のヘアカラー剤がありますので自分に合ったカラー剤を探してみるとよいでしょう。

クイスクイス デビルズトリック:染め時間も短く済み、色の入りも濃い


20191027_105321273

購入したきっかけ・気になる使用感は?

このカラーはトリートメントカラーです。

初めて使ってからずっとリピートしてます、それくらいお気に入りです。

カラーは髪内部から染めるから傷めやすく退色するのと同じように髪の傷みも増していくんですが、トリートメントカラーは髪を傷めずコーティングして染めます。

カラーと同じなのは髪の傷みに浸透する所、その部分もトリートメントなら傷みも抑えられるので安心です。

染め時間も短く済む上、色の入りも濃くて気に入ってます。

使ってみたレポート

美容室でカラーすると高い上に時間もかなりかかり、その分ムラなく染まるのが嬉しいけど手頃に出来ないかと探していてクイスクイスのパッケージに惹かれて買ってみたのが始まりです。

カラーはいつもキャンディピンクを選んでます。

美容室でやってもらうヘアマニキュアやトリートメントカラーと同じです。

それが自分で出来る上、時間も5分おく程度だからいつでも出来るのが嬉しい。

髪を傷めずトリートメントカラーで色が入るのはすごく便利、何より価格が安いから急に出かける用が出来てもすぐに出来るから尚嬉しいですね。

元々は美容室でやってもらった色が退色するともう一度色入れたいって思って、でも手持ちが寂しいと美容室にはなかなか行けないから自分でカラーしてみようと探してて見つけたのがクイスクイスのデビルズトリック、キャンディピンクです。

私の場合、インナーカラーなのでトリートメントならムラなく出来るんじゃないかと買ってみました。

色見本がパッケージ裏に載ってるので参考になります。

実際やってみると、色がアニメキャラにあるドピンクで蛍光色な感じで使うには緊張しましたが、色を入れたい部分の髪に毛先から塗っていきました、私は素手でそのまま塗っていたので手がピンクに染まってしまいましたので使う時は手袋とコームがあるといいなと思って使っていました。

後頭部耳下の髪全てにカラーをして5分放置、やってみるとカラー剤がイチゴの香りなので苦にはならず色が入るし、5分より10分か15分放置してもいいかもしれません。

私的には放置長い方が色持ちがいいと感じました。

ただ、乾いた髪に塗る分揉み込みするので髪が抜けやすく傷んでる髪は切れやすいです、コームでしっかり解きほぐして塗るのがいいと思います。

放置後はシャンプーしますが色が落ちます、シャンプーする度に都度落ちますがだいたい3回か4回程度でシャンプーの時の色落ちは収まります。

色は約10日くらいと短いですけど綺麗に入るから満足です。

指通りもいいし、しばらくはイチゴの香りもしてて使いやすいから買うときは次回分もと余分に買っちゃいます。

他に違うメーカーのピンクを使いましたけど、色の入りが薄かったのでクイスクイスのデビルズトリックは濃さが違うし入りもいいので半年の間はずっとこればかりをリピートです、人気があるようですぐ売り切れになるほどで、取り扱いの店が少ないのもあるから見つけたら買うようにはしてます。

美容室より安上がり価格の250円程度なので助かってます。

ルシードワンプッシュケアカラーナチュラルブラック:コスパと時間効率がいい


DA0F9995-4DD9-48DF-994F-3EE185532D14

ルシードワンプッシュケアカラーナチュラルブラックを購入したきっかけ・気になる使用感は?

コスパが良いからです。

ドラッグストアで700円くらいでどこでも手軽に購入することができます。

値段がリーズナブルなのにビニール手袋などの付属品も付いていることも評価が高いです。

またセルフカラーの時間が5分と短時間で済ませることができるのも魅力のひとつです。

他の市販品だと15分くらい時間を要するものもあるので、どれだけ時間効率がいいかわかるはずです。

以上の理由から私はルシードワンプッシュケアカラーをリピートしております。

使ってみたレポート

使い方はとても簡単です。

まず箱を開けると次の4つものが出てきます。

  • 1.ビニール手袋
  • 2.専用ブラシ
  • 3.スプレー缶
  • 4.取扱説明書

最初に嬉しく思ったのが、ビニール手袋です。

セルフカラーをする時は家の風呂場を汚さないように気をつけますが、手も合わせて気をつける必要があります。

一番最初にセルフカラーをした時は爪が真っ黒になってしまい1週間くらいカラーが落ちなかったことがあります。

ビニール手袋を別で買うと余計にお金がかかりますが、ルシードワンプッシュケアカラーにはビニール手袋が最初から付属されてます。

これは嬉しいです。

そして専用ブラシとスプレー缶。

スプレー缶はよく振ってから専用ブラシにクリームをだすだけで使用することができます。

他の市販品だと薬剤が2つあってそれを自分で混ぜ合わせないといけないタイプもあるので、この点も他とは違う嬉しい点です。

専用ブラシにつけたクリームは粘度が高いため(かためのクリーム)少し傾けても落ちることもなく、セルフカラーの初心者でも安心して使用することができます。

クリームから少し匂いがするので風呂場でやる時も換気をしっかりさることをおすすめします。

そしていよいよ髪にクリームをつけてヘアカラーします。

(A)専用を片手で持ちまずはおでこの上から後頭部にかけて真っ直ぐ専用ブラシを走らせます。

(B)次は側面です。

こめかみのあたりから耳の上、そして襟のあたりまで専用ブラシを走らせます。

でもこれだけではきちんと髪を染めることはできません。

ここからはクリームをつけずに専用ブラシだけを使います。

今度は(A)(B)をそれぞれ反対方向に専用ブラシを走らせて髪全体にクリームが馴染むようにします。

この時、耳やおでこにクリームがつかないようにしましょう。

そしてこれらが終わってから5分経過したらカラーリングは終了です。

次は髪を洗いクリームをキレイに洗い流します。

洗い流している時にクリームが目に入らないようにするのと、シャワーのお湯が風呂場内に飛び散らないように気をつけましょう。

クリームがまだ残っていると、その水滴がほんのしばらくの時間だけでも放っておくと、そこに色がついてしまいます。

しかも中々色が落ちません。

静かにシャワーで洗い流しましょう。

洗い流したら次は髪を乾かします。

ここでも注意することがあります。

タオルです。

最初はタオルで髪を乾かしますが、タオルにヘアカラーの色がついてしまうことがあります。

なので、タオルは黒や紺など色がついてもいいように色が濃いものを使うようにしましょう。

最後はドライヤーで完全に乾かしてセルフカラーは終了です。

きっとお望みのカラーになっていることでしょう。

ティーライフの黒茶のチカラ:頭皮にやさしく、しっかり染まる


黒茶のチカラ

ティーライフの「黒茶のチカラ」を購入したきっかけ・気になる使用感は?

ティーライフの「黒茶のチカラ」(ブラウン)

最初は、ドラッグストアで販売している2液を混合するタイプの1000円以内のカラー剤を使用しましたが、あまり染まりませんでした。

次に、美容院でカラーリングをしましたが、何年かするうちに、頭皮が痛くなったりかゆみが出るアレルギーのような症状が出ました。

そこで、頭皮にやさしく、しっかり染まるカラー剤を調べ、何種類か試してみました。

その中で、返品可能で試せるティーライフの黒茶のチカラを試したところ、良かったので続けています。

使ってみたレポート

10年以上、白髪染めをしています。

最初は、ドラッグストアで販売されている二液を混合するタイプの1000円未満のカラー剤を試してみました。

しかし、私は毛が硬くて太く、くせ毛なためか、ほとんど染まっているように見えませんでした。

そこで、美容院でカットしてもらうときに一緒にカラーリングをしてもらうようにしました。

美容院でのカラー剤は、しっかり染まるので、何年か美容院でカラーリングをしていました。

しかし、カラーリング後に髪がゴワゴワになったり、頭皮に違和感(痛みやかゆみ)を感じるようになり、しだいにひどくなりました。

調べてみると、美容院のカラー剤は強い薬液を使用しているので、アレルギーの原因となるということです。

そこで、頭皮にやさしく、かつしっかり染まるカラー剤を口コミなどを参考に調べ、3種類ほど試してみました。

最初に試した一種類は、価格のわりに容量が多く、お得な感じでしたが、染めた後にあまり長持ちせず、短期間で色落ちしてしまいました。

ティーライフの黒茶のチカラは、使用後に30日以内なら返金・返品可ということだったので、気軽に試すことができました。

ティーライフは、プーアル茶(別名黒茶)などのお茶の会社ですが、黒茶の茶渋の成分を使用したカラー剤も販売しています。

お茶の成分以外にも植物由来の髪にやさしい成分が含まれているので、アレルギーをおこしにくいように感じたので、注文しました。

実際に、黒茶のチカラ(ブラックとブラウンの二色ありますが、ブラウンを注文しました)を使用してみました。

このカラー剤は、チューブに入っている一種類のカラー剤で、洗髪前の乾いた髪に塗り、シャワーキャップをして30分ほどたってから洗い流し、それからいつものシャンプーとトリートメントをしてみました。

シャンプー後の湿った髪に塗るより、乾いた髪に塗るほうがよく染まるそうなので、私はこの方法で染めています。

染まり方は、美容院のカラー剤ほどではありませんが、二液混合タイプよりはしっかり染まりました。

また、二液混合タイプは独特の刺激的なにおいが気になりましたが、黒茶のチカラは、そのようなにおいがなく、わずかにプーアール茶のにおいがする程度です。

それから、毎日洗髪することでどれぐらい色落ちするか調べたところ、1~2週間は白髪が目立たなかったです。

色合いも自然なブラウンなので、多少色落ちしても、自然な髪色なので、長持ちします。

また、髪がゴワゴワになったり痛んだりすることもなく、アレルギーのような症状も起こりませんでした。

以降、この商品を3年ぐらい使用していますが、特にトラブルもなく使い続けています。