自宅カラーを「ロレアルパリのフェリア3Dカラー#85キャラメルシック」でやってみた | 自宅でヘアカラーのススメ

自宅でヘアカラーのススメ
Home » ヘアカラー剤の口コミ » 自宅カラーを「ロレアルパリのフェリア3Dカラー#85キャラメルシック」でやってみた
ヘアカラー剤の口コミ | 07月10日更新

自宅カラーを「ロレアルパリのフェリア3Dカラー#85キャラメルシック」でやってみた


ロレアルパリのフェリア3Dカラー#85キャラメルシック

このカラー剤に決めた理由はなんですか?

20代頃から美容院で染めず節約したい時に使っています。
他の千円未満の市販ヘアカラーに比べて、定価は千円以上すると思うのですが、パッケージに高級感があって安心感があります。
色味のネーミングもあか抜けていて、どの色にしようかなと選ぶのが楽しくなります。

また付属のトリートメントがたっぷり入っていて、なかなか高品質なところもお気に入りです。
ロレアルという世界で通用しているブランドだということも決め手の一つです。
あまり、マンガのイラストで表現したようなパッケージの品物は買う気がしません。
使ったことがないので品質は比較できませんが・・・

実際に使用してみた感想を教えてください

使い方は普通のヘアカラーだと思います。
チューブに入った1剤を、ボトルに入った2剤の中に全量入れ、フタをしめたらボトルをよく振って1剤と2剤を混ぜ合わせ、すぐにフタの先を折り取って髪に塗っていきます。
ボトルの先にクシが付けられる品物などあるようですが、ゴム手袋をした手で感触を確かめながら塗る方が個人的には上手にできる気がします。
あまりクシでといてしまうと、液が髪に残らないので、手で液を髪に乗せるようにたっぷりと付けるのがポイントです。
説明書によるとクシは専用の目の粗いもので、全体に塗り終わった後でムラなくなじませるために使いましょう、とのこと。

臭いの感じも普通だと思います。
美容院でしてもらうヘアカラーと同じようなものです。

髪質にもよるかと思いますが、私には合っているのか、パッケージの写真ほどではないですが、十分よく染まります。
私の髪質は、太さはどちらかというと細く、硬さは普通、量も普通です。
放置時間は、地の髪が黒い時は、染まりやすい根元以外は説明書にある時間より長く置くようにしています。
既にヘアカラーをしている場合は時間どおりでしょうか。
自分の髪質と、カラーをするタイミング、カラーリング剤との相性がありますので、何回か同じヘアカラーを使っていろいろ試してみるのがベストだと思います。
説明書にあるとおり、根元は本当に明るくなりやすいので、うまく全体が均一に染まるよう気をつけてコントロールしています。

どのヘアカラーでも同じだと思いますが、キューティクルが傷んでいると色が入りにくく褪色もあっという間です(ヘアカラーはキューティクルを開いて色を入れ、洗髪してキューティクルを閉じるので、キューティクルが痛んでいるとどうにもなりません)。
その意味でも、アフターカラートリートメントが付属されているのがとてもいいです。
私の印象では、このトリートメントを使うと、ヘアカラーをする前よりも髪がしっとりとして艶が増すようです。
それもたっぷりと約4回分入っています。普段使っているトリートメントで間に合わせるよりも、ヘアカラーの付属として用意されている方が、忘れることなくキッチリ使い切れます。
トリートメントの香りは外国風に強いですが、ヘアカラー後なのでこれくらいの方がいいのかもしれません。
ヘアカラーとトリートメントのメーカーを合わせて使えるというのも、髪のためには良さそうです。
白髪が出るまではこれからもこのシリーズにお世話になるだろうと思っています。