赤系へアカラーについて | 自宅でヘアカラーのススメ

自宅でヘアカラーのススメ
Home » 自宅でヘアカラーするなら » 赤系へアカラーについて
自宅でヘアカラーするなら | 12月17日更新

赤系へアカラーについて


赤系のヘアカラーは日本人のもともとの髪色に馴染みやすいのもあり、流行にかかわらず不動の人気があります。
赤系の色味とひとくちで言ってもピンク系なのか、紫に近い赤なのかによってかなり印象が違ってきます。
それぞれの特徴は以下の通りです。

ピンク系のヘアカラーはツヤ感もあり、柔らかいキュートな印象になります。
肌色も明るく見せてくれる効果も期待できます。
ピンクアッシュやピンクベージュはブリーチした髪にピンクが入りますので毛先だけ色味を変えたりとグラデーションを楽しむのにも人気かあります。
はっきりとした赤は個性的なイメージが強くモード系の印象になります。
ボルドー系は知的でシックな印象で、ボブヘアーなどによく似合います。
やや赤みがかったブラウンは日本人の髪に馴染みやすく、色白に見せてくれる効果があります。

赤系のヘアカラーは秋冬になると特に人気が高まります。
夏場に明るい色味をしていた人も、秋からはお洋服の色に合わせて髪色もシックな落ち着いた色にしたくなることが多いようです。
また、明るいハイトーンのカラーリングを楽しんだ後、黒髪に戻す過程で赤系のダークカラーにするのもおすすめです。

赤系、特にピンク系のヘアカラーは酸性染料を髪に入れるため、髪の内部にまで浸透しませんので、シャンプーなどにより色が落ちるのが早いのが特徴です。
赤系、ピンク系のヘアカラーを長持ちさせるにはあまり熱を加えすぎないことです。
ヘアアイロンやシャンプーの時のお湯の温度、ドライヤーの高温に気をつけましょう。
褪色を防ぐには、カラーの落ちにくいシャンプーを使ったり、カラートリートメントを使うことも有効です。