グレー系へアカラーについて | 自宅でヘアカラーのススメ

自宅でヘアカラーのススメ
Home » 自宅でヘアカラーするなら » グレー系へアカラーについて
自宅でヘアカラーするなら | 12月17日更新

グレー系へアカラーについて


グレー系のヘアカラーはダークカラーでありながらも黒ほど重くならない透明感で最近人気が上昇しています。
茶髪には飽きたけれど黒髪には抵抗があるという人もおしゃれ感の強いグレーカラーに注目しています。
また、夏の紫外線などでダメージを受けた髪の痛みを暗色に変えることによって目立たなくさせる効果も期待できます。

グレーは黒に近い暗色ですが、もともとブリーチしてある髪に入れて透明感のある暗色にしていくものですので、黒髪ベースの場合は先に脱色する必要があります。
グレー系のカラーリングではブルーやベージュとのグラデーションなども自然に仕上がるのでトーンを変えてみるのも素敵です。

「スケルトングレー」はカラーリングしたての色味も退色してきた後の色味も見苦しくなく楽しめるのでおすすめです。
透明感とツヤ感があるので、黒い洋服を着ても重くならず、ナチュラルな印象になります。
また、カラーリング剤にグレーをプラスすることによって生まれつき色素が薄いような絶妙なヌケ感がでたり、グレー系のベージュ「グレージュ」にすると外国人のような素敵な髪色に仕上がります。
また、「グレーアッシュ」のヘアには赤リップなどパキッとしたメイクが良く映えて秋冬にはぴったりです。

グレー系のヘアカラーの注意点としては赤みのある髪にはうまく入らないということです。
また、明るい色味の髪全体にグレーを入れると地の色によっては白髪のようになってしまうので気をつけましょう。
その白髪のような染まり具合を「グラニーヘア」として楽しむハイレベルなおしゃれもありますが、日本人でこれをやるにはかなりの勇気とセンスが必要と言えるでしょう。