自宅でヘアカラー体験談:Beauty laboの「さくらピンク」 | 自宅でヘアカラーのススメ

自宅でヘアカラーのススメ
Home » ヘアカラー剤の口コミ » 自宅でヘアカラー体験談:Beauty laboの「さくらピンク」
ヘアカラー剤の口コミ | 07月23日更新

自宅でヘアカラー体験談:Beauty laboの「さくらピンク」


AC79DE3D-BA2A-4E02-A3FF-4135004DA72F

Beauty laboの「さくらピンク」を選んだ理由を教えてください。

ピンク色にしたいけど、ブリーチなどは痛むし、急に派手な髪色になるのも恥ずかしかったのでナチュラルなピンクっぽい仕上がりになればいいと思い、ブリーチではなくBeauty labo「さくらピンク」にしました。
ネットのクチコミでもブリーチ以外の市販のカラー剤の中ではよりピンクに近づくとの声がよくあり決めました。
公式ホームページにのっている仕上がりイメージなどもわかりやすくよかったです。
値段が安かったのも決め手のひとつです。

自宅で染めるのは大変でしたか?

このカラー剤を初めて使用するとき、私自身が染めるのも初めてで、説明書に記入している推定時間より少しだけ時間がかかりましたが、わかりやすく染め方などがあり困ることはありませんでした。
元々毛量が少ないので2回目以降はいつも推定時間より早くヘアカラー剤を塗るのは終わっています。
でも早く塗り終わっていても待ち時間は短くしてはいけないと説明書にかいてあり、その時間がすこし長く感じます。
匂いはこのヘアカラーしか試したことがないので比較はできませんが、友人にこのヘアカラーを使っているというと、染める時の匂いがあまり好きじゃないと言われました。
わたしは気になりませんが。
染めた直後の匂いはほとんどしませんが、ほんのり香る程度です。
付属の洗い流さないトリートメントをちゃんとすれば良い香りになるので大丈夫です。

実際に使用してみてBeauty laboの「さくらピンク」はどうでしたか?

このヘアカラー剤は泡タイプなので、つけやすかったです。
書いているとおりしっかり振ればしっかりした泡がつくれます。
でも最後の2.3センチほどは少し水っぽい泡になり残念でした。
あとどのヘアカラー剤もそうだと思いますが服なだの布につくと取れにくいので、首周りから胸元くらいまである服はあまり着ない方がいいです。
わたしはいつも黒のタンクトップで染めています。

ヘアカラー剤を塗っているとき、プラスチックのヘアピンをいくつか使用していたのですが、全て水洗いで汚れをおとすことができました。
ヘアカラー剤を塗り、待ち時間が終わって洗い流すとき顔につかないようにも気をつけてください。
皮膚についた直後は水洗いでも落ちますが、時間がたつと洗剤を使わないと取れません。
目に入ったことはないのでわかりませんが、説明書に厳しく目に注意してくださいと記入してありました。

洗い流しているとき少し髪が絡まってしまうのが残念でした。
そのときは普段使っているトリートメントなどを絡まっている部分につけ洗い流しています。
染めているとき最中はあまり染まっていないように見えますが濡れているので暗く見えているだけです。

洗い流したあとは絶対にそこ周辺についてしまった汚れを取った方がいいです。
こびりついてしまうからです。
乾かす前や、乾かす際に使うタオルは使い捨ての方がいいです。
なぜなら直後は落ちやすくタオルに付着してしまうからです。
付属の洗い流さないトリートメントを仕上げに使いますが、半乾き状態でも使用していいと説明書にあったので、使ってみると少しぬるぬるしてドライヤーがしにくかったです。
乾き終わった最後だけ使用する方がいいと思います。