ビゲンの「スピーディカラー【乳液】」7濃いダークブラウンを使用した感想 | 自宅でヘアカラーのススメ

自宅でヘアカラーのススメ
Home » 自宅でヘアカラーするなら » ビゲンの「スピーディカラー【乳液】」7濃いダークブラウンを使用した感想
自宅でヘアカラーするなら | 01月06日更新

ビゲンの「スピーディカラー【乳液】」7濃いダークブラウンを使用した感想


ビゲンの「スピーディカラー【乳液】」を使ってみて

1544060632420

以前は、白髪が少ないので、1剤と2剤のクリームを使う分だけ混ぜるタイプを使っていました。
このタイプだと、残った分は次回にとっておけるのが気に入っていました。
しかし、混ぜるのが面倒だし、ブラシで白髪に付けるのに時間がかかるし、白髪が増えてきて、1回で使い切ってしまうようになったので、これに変えました。

これは1剤と2剤を混ぜたボトルにノズルを付けたら、直接、髪を梳かすように白髪に付けられるのが便利だし、放置時間が10分と短いのに、しっかり染まるからです。

使用した感想

私は生まれつき毛量が多く、髪質は太くて固いです。
だから、なおさら白髪が目立ちやすく、きちんと染まってくれないと困るので、カラーは7の濃いダークブラウンを選びました。
美容師さんに聞くと、ヘアカラーは乳液よりクリームの方が染まりやすいと言っていましたが、便利なノズル付きが気に入っています。
子供が小さく、一人でゆっくり入浴できるタイミングも限られていて、放置時間を長くは取れません。

1剤のチューブの蓋を開け、2剤のボトルに入れていきます。
大きさがちょうどよく、こぼれる心配はなさそうです。

1剤と2剤の入ったボトルの蓋をしっかり閉めたら、30回ほど上下に振って、よく混ぜます。
クリームタイプを混ぜ合わせるより、とっても簡単なのが嬉しいです。

そうしたら、ボトルの蓋を取って、ノズルに付け替えます。
ボトルの横を軽く押すと、櫛のようなノズルからヘアカラーが出てくるので、それを白髪に付けていきます。
髪を梳かすように、分け目の白髪にしっかりと付けられるのがとっても便利です。

以前のクリームタイプですと、刷毛にクリームを乗せ、手で髪を分けながら白髪に付けていくのが結構大変でした。
そのクリームの容器から髪に付ける間に、クリームが落ちて、床などを汚してしまわないように気をつける必要がありました。

このノズル付きボトルなら、周りにこぼれることがなく、スムーズに白髪に付けられます。
これでヘアキャップをかぶせ、10分待ちます。

ツンとした匂いもなく、頭皮がヒリヒリするなどもない感じです。
このヘアカラー、ドラッグストアで380円程度で購入できて、髪に優しいかどうかは二の次で、便利さだけで選んだけれど問題なさそう。

10分経ったら、しっかりお湯ですすぎ、いつも通りのシャンプーとトリートメントで仕上げます。
特に髪がきしむとか、頭がかゆいとかのトラブルもない感じ。

しっかりすすげていれば、髪を拭いたタオルが汚れることもありません。
私はこの商品を気に入ってリピート使用していますが、夏場は10分でしっかり染まります。
冬場は気温が低いせいか、もう少し長く放置するか、放置時間に暖房の近くにいた方が染まりが悪かったことを避けられる感じがします。

ヘアカラーを使い続けていると、死んで、お骨になった時に頭がい骨が真っ黒なんていう都市伝説を聞いたことがありますが、現世で生きている限り、白髪染めをやめることはできません。
ビゲンのスピーディカラー【乳液】は使いやすいし、仕上がりもよく、とってもいいヘアカラーです。