白髪隠しに使用 hoyu株式会社「シエロ ヘアカラー EX」 | 自宅でヘアカラーのススメ

自宅でヘアカラーのススメ
Home » 自宅でヘアカラーするなら » 白髪隠しに使用 hoyu株式会社「シエロ ヘアカラー EX」
自宅でヘアカラーするなら | 01月20日更新

白髪隠しに使用 hoyu株式会社「シエロ ヘアカラー EX」


870CAFBD-F785-4D11-A345-4A18FBD02C25

シエロ ヘアカラーを選んだ理由

初めて自宅でのヘアカラーをするということで、使用しやすいことを第一に選びました。
このシエロ ヘアカラー EXは、二つのクリームを混ぜる必要がなく、コームに直接クリームを出して髪に塗布できることから、混ぜムラが生じにくいと思い決めました。
容器を準備することもなく、その分薬剤が手やその他の部分に付着してしまうことも軽減できると思いました。
ショートボブなので、もし薬剤が余った場合には次回使用時まで保管可能な点も決め手となりました。

シエロ へカラーEXを使ってみて

自宅でのカラーリングは初めてなので、まずは説明書をしっかり読みました。
事前に準備するもののリスト、パッチテストはもちろん実際の使用まで方法が詳しく書かれており分かり易かったです。
全体染め、根元染めに分けてコツが記載されていることもありがたいです。
手袋は説明書に貼り付けてあります。

コームブラシは、クリームを出して髪に塗布するためのブラシ部分と生え際から全体に塗りやすいコーム部分が、左右に分かれた構造です。
クリームが入ったボトルのプッシュレバーを押すとゆっくりクリームが出てきます。
程よい固さでしっかりとブラシに出すことができました。
独特のツンとした香りはありますが、それほど強くは感じませんでした。
髪に塗布したときの伸びがよく、しっかりと髪に馴染みます。
お風呂の洗い場で染めたため、周囲への飛散が心配で思いっきりよくコームで梳かす勇気がありませんでしたが、後から思えばその心配はいらなかったと思います。
できれば、一人ではなく誰かに手伝ってもらった方が後ろや生え際などしっかり塗れることは言うまでもないですが、一人でも時間はかかるもののなんとか塗ることができます。

クリームを塗る間や待ち時間の服装は悩むところではありますが、季節柄寒かったため、黒い長袖の肌着に古タオルを首回りに巻いて行いました。

15分経過後、説明書通りにシャンプーを2回、リンス1回行いました。
クリームが残っている感じはなく、スッキリ仕上がりました。

元々白髪が数本ある程度の黒髪に、ダークブラウンで染めたためすぐに変化は分かりませんでした。
しっかりと乾かしたあとに確認すると、表面の目立っていた白髪はしっかり染まっていました。
しかし、髪の内部に染まりきっていない白髪を1本見つけてショックを受けました。
お風呂場を汚すことを恐れて、しっかりコームでクリームを伸ばしきれていなかったことが原因かもしれません。
とはいえ、表面に近い部分はきれいに染まっていましたし、髪が傷んだ様子もなく、満足でした。
毎朝鏡の前で癖になっていた白髪探しから卒業です。

三ヶ月後、余って保管していたクリームを使って再挑戦です。
今度は事前に新聞紙で壁や床を覆い、準備万端で染めました。
2回目ということで要領が分かってきてスムーズにできました。
クリームの状態に変化は見られず、染め上がりもムラなく、染め残りなく、大成功でした。

今の時点では、白髪の本数は少なめで、基本的には黒色のままでいいという専業主婦の私にとって、美容院でカラーリングするということは経済的ではありません。
とはいえ、ブラシでクリームを塗布するときは「もう1つ手があれば楽なのに!」と思うこともしばしば。
白髪の本数が増えれば、家族に手伝ってもらってしっかり染めようと思います。

シエロ ヘアカラー EXは、準備や片付けも楽チンで、使い切る必要もなく、使い勝手も経済的にもオススメできます。