ビューティーンの「泡立つミルキーヘアカラー」:使い方が簡単でリピート | 自宅でヘアカラーのススメ

自宅でヘアカラーのススメ
Home » ヘアカラー剤の口コミ » ビューティーンの「泡立つミルキーヘアカラー」:使い方が簡単でリピート
ヘアカラー剤の口コミ | 10月01日更新

ビューティーンの「泡立つミルキーヘアカラー」:使い方が簡単でリピート


カラーリング写真

ビューティーンの「泡立つミルキーヘアカラー」を購入したきっかけ・使用感は?

以前、くみっきーがこのヘアーカラー剤のCMに出ていて、CMに出てるくみっきーがとても可愛いかったんです。

当時、モデルで人気がすごいあった時期にこのヘアーカラ剤を知りました。

この時、オシャレはしていたんですが、学校で髪を染めるのは禁止されてました。

卒業したら、私も彼女が出ている商品を買いたい!と思いました。

それ以来、髪を染める際、この商品をずっと愛用しています。

パッケージも可愛くて、何度も購入しちゃいます。

使ってみたレポート

実際に使用してみて、使い方はとても簡単でした。

カラーリング剤の材料が二つあって、これを組み合わせるだけです。

小瓶みたいなものに入れてそれに入れて振って混ぜます。

30回程度ふったらいいので、これだけでカラーリング剤が完成しました。

混ぜる液体が2剤だけだったので、本当に難しいことはなく、めちゃくちゃ簡単ですぐ作れちゃいました。

そしたら付属についている手袋をして、乾いた髪に、直接たっぷりぬって髪全体をもみこみます。

もみこんでいくうちにだんだん泡が立ってきて、かなりの量のもこもこの泡がでてきます。

当時、セミロングぐらいの髪の長さでしたけど、それでも十分なくらいの量の泡で済ませられました。

髪全体に泡を浸透させた後、25分ぐらい放置させます。
匂いはやはりカラーリング剤の独特の匂いがあります。

しかし、髪をなじませる時に、その匂いに慣れてしまいます。
25分間放置していても、だんだんその匂いがまったく気にならなくなってきます。

泡自体は固めなので、たくさんつけても途中で泡が下にこぼれることはないと思います。

なので、その間にスマホや雑誌をみても、全然大丈夫とおもいます。

そしたらシャワーで泡を全て洗い流して、シャンプーやコンディショナーをします。

洗い流しても、匂い自体はこの時はまだ多少残ってますが、毎日髪を洗えば匂いはなくなってきます。

タオルで軽く拭いた後、最後にカラーリング剤に付いているアフターカラーという美容液があり、それを髪につけて仕上げます。

この美容液はデリケートな髪をいたわってくれるので、髪が痛むことを保護してくれます。

これでカラーリング完成です。

作業工程はとても単純なのでリピートすれば何回もやっていくうちに、説明書を見なくてもやり方が分かってきます。

これも愛用している一つの理由です。

カラーリング剤を変えてしまうと、説明書を一から読まなきゃいけないので手間がかかってしまいます。

気になる髪色の仕上がりは、色合いがとても良く、綺麗にしっかりと染まってました。

でも、私の髪質はとても固くを色を入れてもあまり染まらないので、パッケージのような色合いにはなれませんでした。

しかし、もうワンランク明るい色合いで挑戦したら、望んでた髪色に染まりました。

髪質によってなかなか染まらない人は2回に分けてもう一回カラーリングすると、しっかりと染められると思います。

髪を染めるとオシャレも楽しくなってきますし、色は何種類かあるので、オシャレに合わせて髪色も変えればとても良いと思います。