ビゲンカラートリートメント:ナチュラルなところが嬉しい | 自宅でヘアカラーのススメ

自宅でヘアカラーのススメ
Home » ヘアカラー剤の口コミ » ビゲンカラートリートメント:ナチュラルなところが嬉しい
ヘアカラー剤の口コミ | 11月20日更新

ビゲンカラートリートメント:ナチュラルなところが嬉しい


DSC_0006

購入したきっかけ・気になる使用感は?

毎日のシャンプー後のトリートメントの代わりにもなるし、徐々に自然に染まっていてナチュラルなところが嬉しい。

もちろんリピートしていますし、生え際が気になったところを自分でケアできるからとても簡単そしてお手軽。

美容室に行って高い金額を払う手間もありませんし、これを使うとツヤツヤサラサラになって自分の肌質や髪質にもあっています。

お肌に合わない染め粉を使うと頭が痒くなってしまうので私にはこれがぴったりです。

使ってみたレポート

実際に使用してみた感覚は、正直言って毎日髪の毛にぬり込むのがめんどくさいというのが感想です。

しかも白髪に色がしっかりと入り込むでわけではなくてなんとなく色づく程度。

ですから白髪がとても気になって仕方ない方はこれはお勧めできないかなと思います。

しかしながら私はナチュラル派ですので、これで十分満足しています。

私はお風呂場にコームを持って行って、コームに液剤を塗りつけて根元生え際に沿って塗り込んでいます。

これで根元の方から染めることができます。

しかもトリートメントの代わりにもなるので経済的だなと思っています。

塗布してから5分間待つのですが、夏はお風呂に浸かることがないのでそのまま待っています。

暑い時期はそこで待っていても寒くはないので大丈夫です。

冬はお風呂を沸かしているので湯船に浸かりながら5分間待っています。

しかし季節の移り変わりの時は、待機時間を取るためにわざとお風呂のお湯を沸かしたりして、考えてしまう時もあります。

この待つ時間が手間かなと感じました。

白髪染めだけでなくて例えば、あまりにも金髪になりすぎてしまった髪の毛を、ヘアマニキュアとして使用するのもアリだと思いました。

そのように使用すれば年齢関係なく、使用ができると思います。

さらに嬉しいのは自然に色づくこと。

そこがこの商品の良さだと思います。

それにトリートメント代わりになるので髪の毛の手触りがツヤツヤサラサラになります。

もちろんこれを塗った後に普通のトリートメントやリンス剤をつければさらなるコーティングにもなるのかもしれません。

さらにさらに!
良いところは毎日自分で染めているので、生え際が気にならなくなるところです。

よく毛が染まっているところと、生えてきたところに差が出ていて「プリン」になったと言いますがそうならないところがいいと思います。

ただしこのようにマニキュア式のヘアカラーは、色落ちも激しく白いブラウスの衿には色が付きます。

洗濯をしても落ちないので注意と商品には書いてありますが、実際には毎回洗濯をすれば落ちる程度なので全く気にはしていません。

しかし、お気に入りの洋服を着る時は避けた方が無難かもしれません。

近所のドラッグストアでお手軽に購入できますし、コスパも1ヶ月で1000円程度とお安くて気に入っています。

私にとっては1ヶ月に何度も美容室に行って何時間もかけて高いお金を払うよりも、日々トリートメント効果もあるしお気に入りです。