ロレアルパリの「ファリア3Dヘアカラー」 | 自宅でヘアカラーのススメ

自宅でヘアカラーのススメ
Home » ヘアカラー剤の口コミ » ロレアルパリの「ファリア3Dヘアカラー」
ヘアカラー剤の口コミ | 03月17日更新

ロレアルパリの「ファリア3Dヘアカラー」


h-126

1. 使用した 市販カラー剤名を教えてください

ロレアルパリの「ファリア3Dヘアカラー」

2. このカラー剤に決めた理由を教えてください

これまで何度もリピートしています。

ドラッグストアに置いてある市販のカラー剤の中では、少しお値段お高めなので、その分良い成分が入っていて髪へのダメージが少なそうなのと、付属でトリートメントが付いているので別でヘアパック等を買わなくても、これでケアできるからです。

カラーバリエーションも豊富で、これまで使用してきたアッシュ系のカラーだけでも暗めから明るめまで様々な種類があり、自分の好みの色が選べるのも魅力です。

3. 実際に使用してみた 体験談た口コミ を教えてください

いつもアッシュ系で染めていたのですが、今回はピンク系の色にしました。(76番のルビーダイヤモンドです)

もとの明るさはやや暗めで、前回染めたカラー(83シャンパンベージュ)が退色して黄色味が結構出ています。

使用方法は一般的な市販のヘアカラーと同じで、2種類の液剤を混ぜて、乾いた髪に塗っていきます。

私は髪が胸くらいの位置まであり、量も多い方なので2箱使います。

もう少し短い方でもムラにならないように塗っていくには2箱あってもいいと思います。

2箱でも美容室でカラーしてもらうのと比べると半額くらいなのがいいですね。

塗る時は100均の粗めのくしを使って全体をとかし、髪の内側の方までムラなく塗ります。

このとき結構においが強いので、しっかり換気をすることをおすすめします。

私は汚れてもいいようにお風呂場で使用していますが、換気扇とドアを必ず開けます。

塗り終わってから置く時間は通常45分くらいが良いそうなのですが、あんまり真っピンクになってしまうのは困るので、短めの30分にしました。

流す時は説明書にも書いてありますが、その前に乳化をします。

乳化のやり方は、まずビニール手袋をしてお風呂場に行きます。

そして少しずつお湯を手に取り、揉み込むように馴染ませます。

中々加減が難しいのですが、お湯を足して揉み込むうちに、少しずつ白っぽくなっていき、クリームを塗ったようにもったりしたら乳化は完了です。

乳化をしたら流していきます。

このとき、ふと鏡をみると濡れている状態でありながらも髪が少し赤みがかっているのがわかります。

あとは通常通り、シャンプーとトリートメントをします。

この時のトリートメントは付属のものを使ったのですが、これは単品で売って欲しいくらい大好きなトリートメントで、これを使うとしっとり艶々になります。

染めたばっかりだからかなと思いましたが試しに前回、このトリートメントを少しとっておいて、2週間後に使ってみたらやっぱりしっとり艶々になりました。

そして、トリートメントを流したらタオルドライをしてすぐにドライヤーで乾かします。

ちなみにタオルに色は付きませんでした。

ドライ後の仕上がりは、程よいピンク色でした。

太陽光だとチェリーピンクという感じでとっても気に入っています。

室内だと赤味ある茶色、くらいの色なのでオフィスでも大丈夫です。

初めて挑戦したピンクカラーでしたが、大成功でほっとしました。

これからもロレアルのカラー剤を使って色んなカラーに挑戦したいです。