自宅で上手に眉毛を染めるテクニック | 自宅でヘアカラーのススメ

自宅でヘアカラーのススメ
Home » 自宅でヘアカラーするなら » 自宅で上手に眉毛を染めるテクニック
自宅でヘアカラーするなら | 04月30日更新

自宅で上手に眉毛を染めるテクニック


img008

髪を明るい色にカラーリングすると、どうしても気になるのが眉毛です。
自宅で眉毛を染めたいけど、ちょっと不安という人は多いでしょう。
そこで自分で眉毛を上手に染めるコツをご紹介します。

ブリーチは難しい?

まず、ブリーチ(髪の脱色)はあまりおすすめしません。
刺激が強くて眉毛を痛めてしまうだけでなく、金髪みたいになって、まるで眉毛がないように見えてしまうからです。

おすすめはチューブに入った市販のカラー剤で、1液と2液を少量ずつ混ぜて使うタイプのもの。
明るさは9トーン(ブラウン)か10トーン(ライトブラウン)がいいでしょう。

眉毛を自宅で上手に染めるコツ

キレイに染めるコツは、眉毛が見えなくなるほどたっぷりとカラー剤を塗ることです。
さらに肝心なのは、その上に半分に切ったあぶらとり紙を貼りつけ、空気を遮断するようにしてください。
この時、カラー剤が絶対に目に入らないように注意してください。
そのまま10分ほど置き、色の染まり具合をチェックします。
希望の色が出ていなければ、さらに10分ほど置いて様子を見ます。
明るくなり過ぎないようにしてください。

染まったら丁寧にティッシュなどでカラー剤をすべてふき取ってください。
カラー剤が眉毛に残っていると炎症など皮膚のトラブルを引き起こしますから、石鹸で顔をよく洗うようにしましょう。
洗顔後はスキンケアを十分にすることをお忘れなく。

それからもう一つ、基礎的なことですが、染める前にお湯だけで顔を洗って、皮脂や汗などを取り除いておくことが重要です。
ただし、石鹸は禁物です。
カラー剤の2液と混ざると化学反応を起こして痛くなるので要注意です。