自宅でヘアカラーするなら の記事一覧 | 自宅でのヘアカラーリング製品の使い方や色選びのコツなどを紹介

自宅でヘアカラーのススメ

自宅でヘアカラーするなら

自宅でヘアカラーするなら | 09月27日更新

すぐに染まって経済的!ホーユー_Men’s Bigen スピーディーⅡ

ヘアカラー

最近、前頭部の白髪が増えて黒いサイドとフロントの白ではげて見えてしまい、ワンプッシュで旦那の若白髪を染めるA剤とB剤が同時に出てくるタイプを使っていましたが満足のいく染め上がりにならず、鼻に来るツンとした匂いが無くしっかり染まる二剤別タイプ(A・B剤別チューブでブラシで染める)が自然な黒色に染めてくれて気に入り購入し、愛用しています

おすすめポイント

染まるのが早く(5分)真っ黒な仕上がりになり、私の髪の色に近い真っ黒にしてくれて満足ですが肌に付くとなかなか取れないので注意を要し、手袋が付いていますので、決して素手で染めないようにし、余った分は次回また使えるので経済的なメリットが嬉しい今愛用の市販のヘアカラーです。

私の髪は、毛が剛毛で多いため長髪だと髪が立ってしまい浮いてしまうので、若い頃から短く刈り込んだショートカットのヘアスタイルを続けてきましたが、30代の前半頃からぽつりぽつりと白髪が出始め、40代半ば頃からは定期的に白髪染めを使用するようになり、白髪は床屋で染めてもらうことがほとんどでしたが、基本的に経済的で安価な市販品の白髪染めを使い始めてからは、いろいろなメーカーの様々な商品を試してきた結果、自分の体質にも合っているホーユーの「メンズビゲン」シリーズを気に入って使い続けています。

今使っているのは「メンズビゲン スピーディーⅡ」で、いちばんのメリットはなんといっても染まるまでの時間が短いことで、私は入浴した時に、お風呂場で初めに白髪染めクリームを髪になじませてから、髭剃りをしたり体を洗ったりしています。

染まるまでの時間は5分ほどですので、体を洗い終わる頃にはちょうど染まっている感じで、体を洗い、髪のクリームをシャワーで流してシャンプー・リンスをして終わり、白髪染めのために別に時間を割いていないのでとても楽で助かっています。

私は髪が短いので、1回の白髪染めに使う薬剤の量が少なくて済み、A剤とB剤の薬剤を混ぜて使いますが、使い切りタイプの白髪染めは大量に余り、もったいないことになるのですが、「メンズビゲン スピーディーⅡ」のシリーズはコームの上に2種類の薬剤を出してそのまま髪になじませれば良く、あらかじめ混ぜる必要がなく、薬剤を混ぜないので、残った分は次回に取っておくことができ、私の場合、1つのヘアカラーで3回は白髪染めが可能で、経済的にもとても助かっています。

「メンズビゲン スピーディーⅡ」の短所としては、やはりひと月弱でほぼ元の状態に戻ってしまうことで、短いスパンで染め直さないといけないな、という感じで、1回の時間が短い方がいいのか、長持ちする方がいいのかは人それぞれだとは思うのですが、頻繁に白髪染めをすることで、浴室の壁などにうっかり薬剤を飛び散らせてしまい、白髪染めをした夜枕カバーに色移りしてしまったりといった失敗のリスクも当然増えてきますので、回数が増える分注意した方が良いと思います。

私は、風呂場で白髪染めをした日は、風呂を上がる時にシャワーで軽く壁などを洗い流してから出るように心掛けています。

何といっても手間がかからないことが一番で、次に経済的なところで、私は「メンズビゲン スピーディーⅡ」を愛用し、風呂に入った時に、とにかくぱぱっと終わらせることができるのが一番、楽で、そういった意味から、この商品を使い続けており、風呂に入って悠長に白髪染めなどしていたら、間違いなくのぼせてしまい、具合が悪くなれば悲惨なことになるで、普段から多忙で白髪を染める時間があまり取れない男性諸氏におすすめの市販のヘアカラーです。

自宅でヘアカラーするなら | 09月05日更新

落ち着いたピンクでおすすめ!サイオス プロフェッショナルパフォーマンスオレオクリーム

hair

雑誌で取り上げられていたのを見て、「オイル配合」「サロンでの仕上がり」と書いてあったので試しに使ってみた所、発色も良く、敏感肌の私でも全くピリピリしないので、驚きました!
白髪染めになる前、美容院でカラーリングをしてもらっていた頃に戻ったかのような仕上がりに大満足!毎回色も悩みますが、暖色系でこのツヤ感は他にはないと思い必ずピンクを選んでしまいます。お値段も千円以下とお手頃なので、とても助かります

染めた数日後が1番綺麗な発色

今までに無いような、オイルが入ったクリーム状なので、染めている最中に液だれすることなかなく、ムラなく染められます。
また、「髪の毛すごく綺麗な色!」と褒めてもらえることが増えました。
特に染めた数日後が1番綺麗な発色で、理想に近いピンク色になりとても綺麗です。

ただ、シャンプーのたびに数日間色は落ちるので、綺麗なタオルではなく色のついたタオルを使用した方が良いと思います。

ピンク系、茶系、アッシュ系とラインナップも豊富で、そのドラッグストアーによりある時とない時や、置いていない色もあったりしますが、ある時は二箱買いをしたりしてストックは切らさないようにしています!
白髪がまだ少量の時は、グッとこらえて!少しでも白髪が増えて、限界に来た頃に染めると一段と発色が良い様に感じました!
70歳になる母親は、お値段が倍以上するカネボウの白髪染めを使用していましたが、、色落ちも早く、襟足の方がしみる、といつも言っていたのですが、一度私の白髪染めを使用してみた所、とても簡単に染められる所と、皮膚についても流すだけで落ちる所がとても気に入ったようで、今では親子で使用しています!
お値段もお手頃でこのクオリティにはビックリ。

また傷んだ髪の毛が、オイルのおかげでツルツルになりツヤ感がとても綺麗な所も気に入っています。
白髪染めになる前は、月に一度、美容院でカット、パーマ、カラーリング、トリートメント、と、全てのメニューをお願いしていましたが、今ではお金も浮いているので、子供のカットにまわせています。
その際も、美容師さんに、カラーが綺麗で「何の白髪染めですか?」と聞かれてしまいます!笑
もう美容室でカラーは必要ないかな?と聞いたところ、美容師さんも使ってみよう!と言っていたくらい

皆さんにほめていただけて嬉しいです!白髪染め=オシャレじゃない、真っ黒。暗い!というイメージがつよいかもしれませんが、サイオスは若々しく仕上がり、気持ちも久々に若返ったようです!
髪の毛に自信があるって、女性は特に大切だと思うので!!
今は、ママ友の間ではサイオスがイチオシになって、会話にも必ずあがるほど。
みんな母親になって、年をとって、いくつになってもおしゃれでいたいですから!
ちなみに40代以降の私でもピンクは浮居ては居ないと思うので、比較的、落ち着いた、ブラウンがまざったピンクを想像していただけたらと思います!
お日さまに当たると綺麗に発色するので、この夏の季節は特に綺麗に見えるよ!と言われました。

自宅でヘアカラーするなら | 07月05日更新

自宅でヘアカラー体験談「CIELO(シエロ) ヘアカラー EX ミルキー」

シエロ

「CIELO(シエロ) ヘアカラー EX ミルキー」は、1,000円以下で購入できる価格、おそらく20年近く販売されているロングセラー商品で安定した品質なうえ、使い慣れているためリピート買いしています。
ロングヘアのため、毛染めに必要な容量も多く、高価なヘアカラー製品はすぐに使い切ってしまい正直もったいない感じです。
とても自然な黒髪に染まるため、若い頃からストレス性の白髪に悩まされてきた私にはちょうど良かったです。

「CIELO(シエロ) ヘアカラー EX ミルキー」の使用感

ピュアブラウン、ダークピュアブラウンは、自然な感じの黒髪に染まり、あまりにも自然なため白髪が多いことを忘れるくらいです。

仕上がる色の感じは、髪の毛質が細めでしなやかな感じの色白の女の子に多かったような毛色です。
少し、黒色が浅めでブラウンよりの、明るくて軽い髪色に染まります。
染め上がりがとても自然なため、染めてるの?とよく聞かれます。

染め上がりの指通りが良く髪が痛んだ感じがしないです。

ヘアカラーをすると、髪が痛みゴワゴワになりがちですが、シエロのヘアカラー EX ミルキーを使って染めると、かえって髪の毛が指通りが良く滑らかになります。
染め終わったシャンプーの時からしなやかに指通りが良くなる感じで、髪が太く、分量が多い髪質の私には合っています。
洗いあがりも、染めたばかりなのにゴワつきません。

変な臭いが残らないです。

ヘアカラーをした翌日は、夏の暑い日など何とも言えない異臭が髪の毛、特に頭皮から立ち上ってしまうのですが、シエロの場合はほとんどありません。
液自体も殆ど臭いがなく、ヘアカラー独特の刺激臭が少ない「商品です。

ヘアカラーした後、頭皮に色が付着していても、洗い流し後は残らない。

ヘアカラー後にみっともないのは、生え際や頭頂部分などの頭皮も一緒に染まってしまい黒ずんでいることです。
シエロは、頭皮や顔の生え際部分が一緒に染まってしまうような染め方をしても、洗い流し後には綺麗に取れているので助かります。

やや色あせしやすいです。

シエロ ヘアカラー EX ミルキーは、自然な黒髪で軽い色味に染まる一方で、色あせもしやすい傾向があります。
特に洗顔の際になんども触れるためか、生え際の色落ちが早めです。
頭頂部分の髪の毛の分け目部分なども目立ちます。
部分染めとして数日後にもう一度色落ちしやすい所を染め直しすると全体の染め感が長持ちします。

乳液タイプのため良く伸び、使いやすいです。

ロングヘアのため、クリームタイプより、乳液状の方が髪の上で伸びて広がり染める範囲が多くなるため得した気になります。

ドラッグストアでの取り扱いが多いため、補充が楽です。

ドラッグストアやホームセンターで取り扱いがあるため、補充が楽です。
めったに特売にはなりませんが、まとめ買いでポイントもつくため便利だと思います。

自宅でヘアカラーするなら | 06月21日更新

自宅ヘアカラー後のシャンプー、注意点は?

img008

自宅でヘアカラーした後のシャンプーはどうしていますか。「ヘアカラー当日はシャンプーしない!」とよく言われます。
その理由というのが、カラー剤が髪の毛に定着するまでに、大体24時間~48時間くらいはかかると言われているからなのです。
カラーリング剤が毛髪に定着する前に洗い流してしまうと、カラーの色持ちが悪くなってしまうだけでなく、髪に大切なタンパク質まで流れ出すおそれがあるので要注意です。

24時間経ってシャンプーするときも、気をつけるべき点があります。

(さらに…)

自宅でヘアカラーするなら | 06月01日更新

髪を痛まないようにしたい方のための自宅ヘアカラーのコツ

img007

自宅でのカラーリングで素敵な髪を手に入れるのはいいけど、髪が痛んでしまったという苦い経験をすることも・・・。
そんな方のために、できるだけ髪が痛まないカラーリングの種類をご紹介しましょう。

白髪染めは比較的負担低

皆さんがよく使う市販のアルカリカラー剤は、髪に色を付ける力が強い分だけ、髪への負担がかなりあります。
特に頭皮へのダメージが大きく、痒み・かぶれなどの皮膚の炎症を引き起こすこともあります。
髪や頭皮を痛めたくない方はできるだけ、アルカリカラー剤は避けた方がいいでしょう。

(さらに…)

自宅でヘアカラーするなら | 05月15日更新

自宅で簡単!泡タイプのヘアカラー

img006

自宅でするカラーリングにはいろいろな種類のヘアカラー剤が発売されていますが、最近は泡タイプのものが関心を集めています。
その人気の理由には3つの点が挙げられるでしょう。

自宅ヘアカラーで泡タイプがおすすめな理由とは?

まず第一の理由は、従来のカラー剤が2剤を混ぜるのに対し、泡タイプは混ぜる手間が必要ないこと。
部分染めなら約10分ほどで済むという手軽さもうれしい点です。

(さらに…)

自宅でヘアカラーするなら | 04月30日更新

自宅で上手に眉毛を染めるテクニック

img008

髪を明るい色にカラーリングすると、どうしても気になるのが眉毛です。
自宅で眉毛を染めたいけど、ちょっと不安という人は多いでしょう。
そこで自分で眉毛を上手に染めるコツをご紹介します。

ブリーチは難しい?

まず、ブリーチ(髪の脱色)はあまりおすすめしません。
刺激が強くて眉毛を痛めてしまうだけでなく、金髪みたいになって、まるで眉毛がないように見えてしまうからです。

おすすめはチューブに入った市販のカラー剤で、1液と2液を少量ずつ混ぜて使うタイプのもの。
明るさは9トーン(ブラウン)か10トーン(ライトブラウン)がいいでしょう。

(さらに…)

自宅でヘアカラーするなら | 04月15日更新

自宅で簡単にヘアカラーできるおすすめの商品

img003

自宅でできるヘアカラー剤はたくさん市販されていますが、どれがいいのか迷ってしまいますね。
そこで、プロである美容師さんがすすめるヘアカラーのイチオシ商品をご紹介しましょう。

しっかり染めるならヘアボーテ シーエッセンスカラーホーム

その第一は泡で染める白髪染め「ヘアボーテ シーエッセンスカラーホーム」です。
人気の理由は白髪がしっかりと染まることと、泡なので髪の毛に塗りやすいことが評価されました。

ただし、泡のヘアカラー剤は使い方を間違うと髪の毛にダメージを与えてしまいますので、箱に書いてある指示に従って注意して使ってください。

(さらに…)

自宅でヘアカラーするなら | 03月23日更新

失敗しない自宅ヘアカラーのコツ

img004

自宅でヘアカラーをしたけど、色ムラが出たり、うまく染まらなかった経験はありませんか。
でも、基本的な注意点を守るだけで上手にカラーリングはできます。

ヘアカラーで染まる原理って?

具体的な説明に入る前に、どうして髪が染まるのか、その原理を理解しておいてください。
ヘアカラー剤は1剤と2剤が配合されていますが、1剤に含まれたアルカリ剤によって弱酸性の髪のキューティクルが開き、混合液が髪の内部に浸透していきます。

(さらに…)

自宅でヘアカラーするなら | 03月10日更新

自宅と美容院のヘアカラー口コミ!体験談を比較してみました

img005

最近、チョットヘアスタイルにも気を遣いたいと思い、いつもオシャレに染めている友人にヘアカラーについて質問してみる機会がありました。
彼女は長年通っていた美容院でのヘアカラーをやめ、自宅でのヘアカラーに切り替えたんだそうです。
その理由を尋ねると・・・「お店で染めたら高い。染めるだけで7,000円前後、高いところは10,000円くらいするから、シャンプーしてカットしてブローしたら15,000円前後にはなる。これを2~3ヶ月毎に続けるのが辛くなった」とのこと。
その他にも美容院を敬遠する理由として、「染めるのに2~3時間かかる」、「忙しいので日時の予約が難しい」という返答もありました。

(さらに…)